« キャンプに持って行く調理用刃物 | トップページ | キャンプツーリングでラジオ・音楽等 »

2014年6月16日 (月)

甘々娘収穫祭

3か月続けた隔日更新だが、ついにネタ尽きたorz
これからは更新が不定期になるかもしれませんm<_ _>m

毎年開催されている糖度15度と言う激甘トウモロコシ「甘々娘収穫祭」に
今年も行って来た。
毎年6月中頃にJA主催でちょっとお安く買うことができるのだ。


↓ポチっと押してくださいな。

バイクブログ キャンプツーリングへ

出発~収穫祭開始時間
起床!
実は前日出発~の現地で車中泊予定だったのだが、つい寝てしまい……
ハッと気付いたら、すぐにでも出発しないといけない時間!?
慌てて車を出したのだ。
これが2:30の事

何でこんなに早く!?
収穫祭は9時~目的地までは120Km、出発は2:30
早すぎないかと思うかもしれないが、毎年到着時間は5時なのである。
理由は後で~

月が綺麗
月齢16.3でほぼ満月が照らすハイビームでなくとも遠くまで見渡せる高速道
路をひた走る。

朝飯は?
甲府南ICを降り、道の駅とよとみ手前のローソンでパン購入。
県道でみたまの湯の前を通り過ぎ、会場である歌舞伎文化公園へ
手前の駐車場を通り過ぎ、会場正面の高台の駐車場に入れようと思ったら、
今年は高台駐車場は閉鎖されてた(ノ∀`)
Uターンしつつ、公園内の様子を伺うと「えっ?」まだ4時台なのに、既に
人が並んでる!?
駐車場(駐車場車内でも人が寝てた)に車を放り込み、BabyDuckだけ持って場内へGO
到着

先頭の親子連れは
日の出までにはまだ時間がある薄明時間、薄手の長袖では肌寒い時間帯
親子連れはキャンピングチェアに座り毛布を被っていた。
聞けば3:50に到着したとか。
他人の事言えないけどすげえな。

場所確保してから車へ
4列に区切られたロープの最前列4番手に椅子を置いて場所キープ
一旦車に戻り朝飯を取りつつ、30分程仮眠~

場内に戻ろう
5時を過ぎると、少しずつ並びが増えてくる。
3列目辺りに差し掛かる頃に、友人到着……早いな。
この並び列は4列縦隊x30~40人位ででかい1列となり、開催時間には6~7列に
増えるので、9時の開始時間には700人以上並ぶ計算になる。
去年は2,000箱位しか用意できず、9時に到着して買えない人が出たらしいと後で
聞いた。

場所は椅子で確保してあるので、時間まで暇つぶし~~
友人は居るし、暇つぶし(タブレット、スマホ、モバイルバッテリ)には事欠
かない。

搬入~
6:30位からかなあ搬送台をセットし始めて、三々五々搬入トラックでの入荷が始まった。
そして見る見るうちにトウモロコシの箱が積まれていくのは壮観だったさ。
搬入~

ゆるキャラもスタンバイ中
JAマスコットキャラ「ちょきんぎょ」
佐川急便のマスコットキャラもいた。
ゆるキャラもスタンバイ中

今回の販売数は一人5箱まで
去年は先頭の人は10箱まで買えたのだけど、200~300人売ったら一人2箱に制
限されてしまい、列の最後では買えない人も出たらしい。
先頭に並んでいると「何時に来たのですか?」と聞いてくる人が何人も居て、
そのうちの一人が「去年は9時に来て並んだけど買えなかった」と言っていた。
今年はそれを受けての制限らしい。
一人5箱まで

8:45 収穫祭開始
来賓のあいさつ
今年は雪害が大変だったとか、農家の人が頑張ったとか、その手の話
今年は3,000箱用意したそうだ。
1箱12本x3,000本って凄いね。

9:00発売開始!
先頭列なので、速効で買います。
今回は自宅用2箱、お土産に1箱で計3箱
買った後は即座に抽選コーナーへ
1箱1枚の抽選券も貰えるので、3回引いてみたまの湯入場券(770円相当)x1
粗品x2

温泉入場券は11/30まで使えるので、秋にでもキャンプツーリングで来よう!
温泉入場券

ヤングコーン詰め放題
早朝並んだのはトウモロコシのためでもあるが、コレのためでもある。
そもそもヤングコーンって何なのか?と言うと、成熟する前に刈り取ったトウ
モロコシの子供なのだ。トウモロコシは1本に3~4個生えるそうだが、その
ままにするとでかくならないので、1房残して間引きする。これがヤングコー
ンとなる。
去年は1袋100円x2回同時にできたが、今年は1袋150円で1回やったら、並
び直してもう一回チャレンジ可能。
2回並んで52本ゲット!
ヤングコーンの調理法は後述。
ヤングコーン

さて、帰ろう
往路高速、帰路一般道は定番の旅行経路だが、帰り道に観光でもして行くかな。

まずは道の駅とよとみ
以前から食いっぱぐれていた、トウモロコシソフトクリームに挑戦
う~ん、バニラが限りなく強く、ほんのりモロコシ味な感じ。
写真左からスイートコーン収穫祭の看板(同日開催でした)、以前買って残念な
味だと判っているトウモロコシ焼酎、トウモロコシソフトクリーム、ココでしか
見かけない納豆の自販機
トウモロコシソフトクリーム

桔梗屋工場に行ってみよう!
笛吹市に桔梗信玄餅で有名な桔梗屋の工場がある。
国道20号沿いにあるらしく前から行ってみたかったので帰りに寄って見た。
工場見学は時間が合わなくてパス(40分待ちらしかった)
桔梗信玄ソフトクリーム(バニラソフトの周囲に信玄餅が3つ載せてあり、黒
蜜と黄粉がまぶしてある)を食べた後、賞味期限が迫っていてアウトレット価
格になっている桔梗信玄餅を購入して撤収
桔梗信玄ソフトクリーム

ラストは道の駅甲斐大和で昼飯&昼寝
一回ココで蕎麦食ってみたかったんだよね。
まあ、普通でした(´・ω・`)
朝早かったので昼寝タイム。
道の駅甲斐大和で昼飯

R20をひた走るよ
昼寝と言うほどでもないウトウトタイムを経て、山越えの甲州街道を帰路へ
都内のSTOP&GOは面倒なので、国立府中から中央高速に乗って一気に帰還~

そんな訳で1日ドライブ終了~

ヤングコーンの行方
下処理
皮を剥いてヒゲと根元を切り落とし、お湯でざっと湯掻く。
このままマヨネーズにつけて食ってもOK

鶏肉と夏野菜のイエローカレーウドン
材料
茄子2個、ヤングコーン10本、アスパラ3本、鶏モモ1枚、
イエローカレーペースト50g、ココナッツミルク400ml

1.茄子は1cm厚スライス、ヤングコーンは2つ折り、アスパラは皮を剥いて
 2~3cmに折る、鳥モモは一口大より小さめにカット
2.鳥モモをサラダ油(分量外)でフライパンで焼目がつくまで炒める
3.茄子、アスパラを2に加えて、火が通るまで中火で炒める。
4.3の具を鍋に開け、フライパンにイエローカレーペーストと、ココナツミ
  ルク大さじ1を入れて弱火でダマが無くなるまで伸ばす
5.4に残りのココナッツミルクと水200mlを加えて、色が均等になるまで弱
  火で混ぜる
6.5にニョクマムを小さじ1程度加え味を調整
7.鍋に6を入れて、軽く煮立たせる。
8.別の鍋で茹でたうどんに、イエローカレを掛けて完成
鶏肉と夏野菜のイエローカレーウドン

|

« キャンプに持って行く調理用刃物 | トップページ | キャンプツーリングでラジオ・音楽等 »

イベント」カテゴリの記事

土産」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンプに持って行く調理用刃物 | トップページ | キャンプツーリングでラジオ・音楽等 »