« 愛用のランドナーのお話 第2回 | トップページ | 2013/7/14 富岡製糸場と絹産業遺産群観光 »

2014年5月24日 (土)

愛用のランドナーのお話 第3回

2007/7/28に中嶋さんからメールが入った。
注文車両が完成、フレームのメタリックブルーが非常に綺麗との事。
サイズが大きく普通の人は乗れないだろうとの事。
総額267,504円で申し込み時に10万円入金されている。残金は半端を差し引いて
167,000円で良いとの事等。

自転車ネタに興味がある方はポチっと押して進んでください。

↓ブログランキングに参加中、押してくださると幸いです

にほんブログ村 自転車ブログへ

完成車受領&more
完成写真
フレームサイズ600mmの巨大なホリゾンタルフレームと、前後のキャリア、ラ
ンドナーらしい前後輪のそれぞれ半分近くを覆う長い泥除けが懐かしさを誘う。
 完成車

完成直後の追加パーツ(半年以内)
取りつけたのは以下
・1L用ボトルケージ(ボトルホルダー)
・トピーク ターボ モーフ G(空気入れ)
・CATEYE CC-RD300DW(サイコン)

通勤開始
 2007/10頃~のブログ記事にジテツウネタが幾つか出始めるのだよなあ。
この頃は毎日の走行距離とかマメにつけてたっけな。
そして、年内の3回の自転車キャンプツーリングへと続いた。

2007/10/18~21 カー輪行で行く、上高地2泊3日の旅。
ブログには経過時間記録のみで詳細記事がアップされてないようだ。
画像データはあるから、次の記事アップをコレをネタにしようかなあ。
上高地は自家用車では入れないので沢渡の駐車場まで車、その後自転車で小梨
平まで上り1泊
自転車を預けて徳沢園まで歩いて1泊
戻って自転車を受け取り、後はひたすら下って帰還ルートだったな。

2007/11/23~24 MixiキャンプOFF in 梅ヶ島キャンプ場(静岡)
電車輪行の練習と年末の自転車旅行の情報収集のために出かけたキャンプツー
リング
 MixiキャンプOFF in 梅ヶ島キャンプ場(静岡)
 MixiキャンプOFF in 梅ヶ島キャンプ場(静岡)二日目
 輪行キャンプを終えて

2007/12/27~2008/1/3 年越し宗谷 輪行で行く自転車ツーリング
どこかに書いた気がするが、元々年越し宗谷はmixiの知り合いが行きたがって
いたのを聞いていた。
自分はオフロードバイクも無いし、興味はあるが行くのは難しいだろうなと
思っていた矢先に自転車購入、スパイクタイヤの存在を知って決行した経緯が
あった。
 2007~2008 年越し宗谷岬 自転車ツーリング 最終装備
 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月27日(旅行初日)
 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月28日(二日目)
 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月29日(三日目)
 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月30日(四日目)
 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月31日(五日目)
 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月1日(六日目)
 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月2日(七日目)
 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月3日(八日目)
 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:感想


そして3年後
2010年8月 6日フレームが折れた
 夏の予定がおじゃん

修理完了したのは2011/1の事
85,000円也(ノ∀`)
何故か交換されてきたブレーキは、雨の日は全くと言っていい程に無力だった
ので、後日元のBR-R550+シビアコンディション用シュー M70CT4に換装した。
色指定は、ヒヨコのオレンジにしてもらったが、これ橙色じゃなくてブラッド
オレンジな感じだったか。ほぼ赤でしたよ。

 請求額

更に7年後の2014/5現在
コストパフォーマンスやら何やらで最初から満足した性能で作り上げたので
消耗品や壊れた物を除いてどうしても交換しなければならないパーツは殆ど
無く、フレーム以外の交換パーツは以下となっている。

ホイール
 シマノ WH-R500
 →シマノ WH-R500

タイヤ 
 パナ ツーキニスト 28C
  →パナRiBMo28Cばかり履き続けている(※)
  →現在はフロントがパナRiBMo25C、リアがパナRiBMo28C
   降雪時のみ Hakkapeliitta w106
 ※)摩耗した状態以外ではパンク皆無の耐パンク性能の高い通勤タイヤ
 
ブレーキ
 シマノ BR-R550
 →シマノ BR-CT91
 →元に戻した。

チェーン
 シマノ HG53を4,5回交換

ブレーキシュー
 シマノ BR-R550標準のM70R2
 →シビアコンディション用のM70CT4を6~12か月置きに交換

STIレバー
 シマノ ティアグラ
 →右側のみシマノSORA 9速用に交換

サドル
 セライタリア FLX-MAN
 →SELLE ITALIA FLX MAN GEL FLOWSPORTOURER 2013モデル

またフレーム折れるかもしれないけど、たぶんずっと乗るんだろうなあ。

終わり

|

« 愛用のランドナーのお話 第2回 | トップページ | 2013/7/14 富岡製糸場と絹産業遺産群観光 »

アイテム」カテゴリの記事

アウトドアスポーツ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

通勤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛用のランドナーのお話 第2回 | トップページ | 2013/7/14 富岡製糸場と絹産業遺産群観光 »