« 自作薪ストーブ2013年型 | トップページ | WindCatcher Air Pad & Air Bag »

2013年11月26日 (火)

初めてのクラウドファンディング(Windcatcher)

5月にとあるニュースサイトを眺めていたら「10~15倍も高速にエアーマットレスや
空気枕へ空気を入れることができる『Windcatcher』
」という記事が目に
飛びこんで来た。

キャンプ用のエアマットは夏用と冬用で分けて使っているのだが、2011年春に
購入したNEMO Astro Airはバルブ付近から空気が洩れているらしく夜にパン
パンに膨らませても、朝になるとぺったんこになる有様。

そこで代替のマットを買うのにどれが良いかを悩んでいた時だった。

※今回の記事ま文字ばかりの長文な事を御断りしておきます。

↓ポチっと押してくださいな。

バイクブログ キャンプツーリングへ

悩んでいた理由なんぞ
エアマット構造を調べると、形状で3種類、空気の入れ方別なら3種類、バル
ブ構造2種類で分類できるようだ。
放置しておくとある程度勝手に空気が入るインフレータブルマットについては
今回は対象としない。

形状
a)大きな凸凹の無いフラットなタイプ
b)丸太が縦に束ねてあるようなタイプ
c)丸太が横に束ねてあるようなタイプ

注入方法
x)内蔵ポンプ
y)外付けポンプ
z)息を吹き入れるタイプ

バルブ構造
α)バルブをネジって空気の導入口を開き、空気を入れるタイプ
β)穴と蓋だけのタイプ

有名メーカーのエアマットを分類してみよう
therm-a-rest
製品名:サーマレストNeo-Air
形状:c)丸太が横に束ねてあるようなタイプ
注入:z)息を吹き入れるタイプ/y)外付けポンプ(別売り)
バルブ:α)ネジこみタイプ

mont-bell
製品名:U.L.コンフォートシステム エアパッド
形状:b)丸太が縦に束ねてあるようなタイプ
注入:z)息を吹き入れるタイプ
バルブ:z)息を吹き入れるタイプ

BigAgnes
製品名:スリーピングパッド Air Core レクタングラー
形状:b)丸太が縦に束ねてあるようなタイプ
注入:z)息を吹き入れるタイプ/y)外付けポンプ(別売り)
バルブ:α)ネジこみタイプ

Exped
製品名:Downmat UL 7
形状:b)丸太が縦に束ねてあるようなタイプ
注入:y)外付けポンプ(別売り)
バルブ:β)穴と蓋だけのタイプ

NEMO
製品名:Astro Air
形状:c)丸太が横に束ねてあるようなタイプ
注入:z)息を吹き入れるタイプ/y)外付けポンプ(別売り)
バルブ:α)ネジこみタイプ

経験上欲しいマットタイプ
形状:b)丸太が縦に束ねてあるようなタイプ
   Nemoの横ビームタイプだと、Hubbaのような狭いテントなら問題無いが
   KIVAのように広いテントだといつの間にかずり落ちている事があった。
注入:どのタイプでもいいが楽に入れられるタイプが良い
   押して入れる内蔵ポンプはExpedやmammutの手押しポンプがあるが結構
   疲れるし、収納サイズを大きくする要因なのがイマイチ。
   外付けポンプが良いが、空気が入れやすいなら吹き込み式でもOK
バルブ:ネジ式ならベースが金属が良い。
    NEMOやノルフェーンはプラ、BigAgnesは金属で、前者は1,2年使っ
    ているとバルブ付近の劣化で空気抜けが発生するという報告を数件
    聞いた。

等と調査していた矢先に読んだのが冒頭の記事だ。
アメリカのKickstarterというクラウドファウンディングで出資を募っている
エアマットとの事なので、調べる事にした。

Windcatcher
Kickstarterって?
Wikipediaより
Kickstarterとは2009年に設立されたアメリカ合衆国の民間非営利企業で、自
社のウェブサイトにおいてクリエイティブなプロジェクトに向けてクラウド
ファンディングによる資金調達を行う手段を提供している。

あるプロジェクトを立ち上げたいが資金が足りないというクリエイターが、
一般から資金を集めることを容易するための機構といった感じだろうか
国内外のクラウドファウンディングサイトまとめ

信用できるの?
さあ?

買い物をするというより、プロジェクトに出資するという意味合いが強く、
出資した代わりに製品を安価で提供する見返りがあると言う事。
当然リスクも込みとなる。
デメリット
・出資のリスク
・海外通販のリスク
・船便なので配送の遅延のリスク等々
・詐欺かも?

メリット
・最新商品をいち早く試せる。
・今回は$99のAir Pad+Air Bagのセットに出資したが、実際に小売りするとし
 たら$150との事なので、実際に小売りが始まっても日本での購入価格は送料
 込みで2万を越えると予想されること。

これらを加味して、出資に足ると判定。ポチってみた。
02

関税は?
本体が$99、送料が$20、合計額$119なので、代金の6割が1万円を越えないので
関税は無し、関税免除なので消費税も無し。
小売開始時期に円安が更に加速していたら税金がかかるようになっているかも。

出資連絡メール
ポチった後に来たメールの抜粋

Congratulations!

You're a backer of
Windcatcher: Inflates in seconds with NO power or pumping (http://www.kickstarter.com/projects/1484284472/windcatcher-inflates-in-seconds-with-no-power-or-p?ref=email)
by Ryan Frayne

Amount pledged $119.00
Reward PREMIUM SET - The Windcatcher Air Pad & Air BAG. Retail Price: $150 / HUGE $51 savings! We'll never offer this deal again, so DON'T miss out. (FREE Shipping within the US)

Estimated delivery Aug 2013
Shipping Outside the US
If this project is successfully funded, your card will be charged on:

あなたは$119払って出資者になった。
出資の報酬はAir pad & Air bagで、お届け予定日は8月になる。
このプロジェクトの資金調達が成功したら、あなたのカードから引き落とされる

生産のボーダーラインは$50,000調達する事。
5/23時点で$64,000を越えているので生産は既に確定
03


月日は流れ
2013/6/13
5月の時点で出資募集数は120%を越えていたのが、最終的に299%、$149,405を
集めて募集が終了した。

色々イベントがある毎に
出資者宛にメールが届き、同じ内容がKickStarterのwindcatcherのページに
アップされていく。
出資者はその状況を見るのがたのしみな日々となっていた。
マット自体の製造は中国、部品の最終取り付けはアメリカ、製造工場に見学に
行ったとか、まあ、色々と報告される。

2013/09/16 Update#18
当初の予定では9/27出荷開始で船便での配送予定だったが、予定遅延していて
そのリカバリーのために配送方法をUSPS Priority Mailに変更するとの通知が
あった。
船便だと2W~一か月掛かるらしいので、それが1週間以内の配送とする事で
遅れを相殺するとの話だった。
送料は既に投資した$20を使うとの事だ。

2013/10/26 Update#22
22通目の詳報がアップされた。
来週にも初期ロットがロールアウトするとの事。
いよいよ出荷が目前に迫ってきたというわけだ。

2013/11/01 Update#23
出荷が開始された。
11/18まで出荷し続ける予定とのことだ。

2013/11/05 Update#24
海外配送の場合、USPS Priority Mailにするかどうか選んでくれとの通知だっ
たが、エアベッドとエアピローで頼んだ人は、連絡しなくとも自動的にUSPS
Priority Mailになるとの事なので、そのままスルー

2013/11/15時点
某輸入会社で買い付け販売が始まったがエアベッドのみで18,800円(内税)だと?
送料分4000円プラスと考えて本体+儲けで15,000円って所か
http://outdoor-mix.com/?pid=62174646

2013/11/16
発送連絡来た!
USPS First mail Internationalで発送したらしい。
あれ?First??Prioriyじゃなかったっけ?
First Mailだと2週間か、のんびり待とう。

2013/11/21
到着!
やっぱりUSPS Pririty mail Internationalだったようだな。

そんな訳で、初めての投資型ファウンディング(物品購入型)での商品購入が
終了した。

最後に
どれだけの資金が集まったのか?
最低限必要な金額に対して、299% $149,405を集金
調達状況

作成数は?
Air BAGが873個
Air PADが1369個


さて、次回はWindCacherの驚異?の性能のレポート予定~

|

« 自作薪ストーブ2013年型 | トップページ | WindCatcher Air Pad & Air Bag »

アイテム」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自作薪ストーブ2013年型 | トップページ | WindCatcher Air Pad & Air Bag »