« 遥かな過去日記)2006/8 北海道ツーリング 8/19前半 | トップページ | 遥かな過去日記)2006/8 北海道ツーリング 8/19後半 »

2013年7月23日 (火)

手持ちの装備を流用した自作Arc Tarpを妄想

Expedに弧を描くようなArc Tarpと言う製品がある。
メーカーではトンネル型テントに連結するような形状で使う想定をしているら
しい。
うちで使っているOuterSpaceは、変形ドーム型テントにArcTarpよりも小さめ
だが同様に弧を描く形状の大型前室である。

ふとMSR Hubba+OuterSpace+ArcTarpと繋げて、ベースはソロテントでありなが
ら、2~3人が雨を凌ぎつつも飲み食いできる空間を確保する事はできないだ
ろうか?と考えてみた。
もちろんテント自体が大型化するので荷物が増えると言う弊害も発生するが、
宴会場としての活用以外にもオートバイや自転車等をテント内に収容可能では?
との利用も視野に入れてみたい。

↓ポチっと押してくださいな。

バイクブログ キャンプツーリングへ

材料検討
Exped Outer Spaceの入り口サイズを算出
01_2
テントに連結した側じゃなくて入り口側のサイズは幅2.4mx高さ1.4mの縦に長
い楕円形状。
高精度計算サイトで楕円の円周を算出
→円周長は8.18m、半円なので4.09mとなる。

キャプテンスタッグ オルディナヘキサタープ
02_2
既に変態改造により煙突穴を開けてしまったが、ロッジテントの購入により
パーツ取り程度の末路しか残っていないブツ。
このヘキサタープの大きさは4.0x4.2mなので、本来ポールで支えるべき両側の
鳩目を繋ぐように数箇所にポールを引っ掛けるループを縫い付けられれば、半
円状に形を作れるだろう。

Promonte VL-32のポール長
03_2
登山用軽量テントPromonte VL-32の公称サイズは内寸法となっている。吊り下
げ式なのでポール部分は少し大きくなるが、正確なサイズを計測していないの
で、この内寸法の幅2.1mx高さ1.5mで計算しようか。
縦2.1mx横1.5mなので対角線は2.58m、高さは1.05mの楕円となるので、計算サ
イトで算出すると半円部の円周長は3.68mとなる。

実際に連結可能か
ポール長から検討
VL-32のポール長合計は3.68m、1本のみだと37cmだが接続部を引いて大体33cm
位になるだろうか。
流用するなら、3.68m~33cm刻みで増やせる計算になるかな。

 3.68mの場合、半円の高さは1.17m
 4.01mの場合、半円の高さは1.27m
 4.34mの場合、半円の高さは1.38m
 4.67mの場合、半円の高さは1.48m

タープ形状から検討
アーチ状に張り出すのは、鳩目部分を通して接続するのがやりやすそうなので、
短辺側の鳩目を繋ぐ形にすれば張りやすいかな。
ポール無改造では3.68mで長さ不足なので、1本追加して4.01mなら高さ1.27mで
アーチ状に張る事は可能。

Hubba+OuterSpaceは
 テント側高さ0.9mx幅2.1m
 入り口側高さ1.4mx幅2.4m
 テント側と入り口までの距離は1m
の楕円錐をぶった切った形状なので、高さ1.27mということは概算で入り口側
から0.25m位の場所に被せるのなら、4mで足りる計算になるかなあ。

ポールをもう1本足して4.34mにするなら半円の高さは1.38mになるので、入り
口側から10cm未満のところに被せる形になって、OuterSpace内も有効利用でき
るだけのサイズを確保できそうだ。

もし改造するとしたら?
材料は?
幕:キャプテンスタッグ オルディナヘキサタープ
ポール:Promonte VL-32のポール1組+2節を組み替えて繋げる。

加工は?
1.ポール通し用として長さ3.8mx直径2cmの筒を作る
2.タープ中央部から3cm位の箇所でカットする(縫い目+3cmでカット)
3.カットした箇所の外側に1を縫い付ける。
4.ポールをバラし、2節追加(4.34m)して組みなおす。
5.5cm幅のナイロンリボンを袋状にするx2本
6.5と幅1.5cmx2.7m長のナイロンリボンを縫い付ける
7.6の片側に幅1.5cmx20cmのナイロンリボンを更に追加して縫いつける。
8.7で追加したナイロンリボンをタープの片方の鳩目に、もう片方の端を反対側に縫いつけ。
9.ラダーロックで締められるようにする。

以上が加工箇所となるが、完成形のイメージはOuterSpaceのアーチと同様の構
造をカットしたタープで実現するといったところだろうか。

組み立て?
1.OuterSpaceの外側にタープを被せる。
2.スリーブにポールを通して固定
3.ラダーロックで張りを調整してペグダウン
4.フロント側のタープ側辺をガイラインで伸ばしてペグダウンかな

ここまで考えてから今更ながらに思う。
これってアークタープというよりも大型化したOuterSpaceだよねえ……と?

んで、やるの?
計算しなおさないと本当に出きるのかは不明だが、
・タープをカットせずに側辺2箇所しかない鳩目を4箇所に増やす。
・ポールスリーブを頑丈に作ってタープに縫い付け
・「加工は?」の3~9の加工を実施

これで大型のOuterSpaceもどきが出来そうなので、連結とか考えなくて良く
なるんじゃね??って事で……

タープに空けた煙突穴はそのままに、地面の隙間が無くなる様に布を追加して
密閉してやれば寝室別の大型ドーム化できるんじゃないか?とか

寝室がHubbaHPで、前室部分が幅2.7mxx奥行き4mx高さ1.4になり、空けて
ある煙突穴に併せて小形の薪ストを作ればドーム型の薪ストテントになるんじゃ
ないかとか色々妄想が膨らみまくってきたので、やっぱ最初から考え直すのが
良い気がするので、冬までの検討事項としようかね。


|

« 遥かな過去日記)2006/8 北海道ツーリング 8/19前半 | トップページ | 遥かな過去日記)2006/8 北海道ツーリング 8/19後半 »

アイテム」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遥かな過去日記)2006/8 北海道ツーリング 8/19前半 | トップページ | 遥かな過去日記)2006/8 北海道ツーリング 8/19後半 »