« 夏用エアマット購入 | トップページ | 加水分解対策 »

2013年6月13日 (木)

エアマット:KLYMIT STATIC V

先日届いた呼気を吹き入れるタイプのエアマットのレビューでもしようか。
以前購入した別メーカーのとあるアイテムと一緒にこのエアマットの紹介を
していこう。

↓ポチっと押してくださいな。

バイクブログ キャンプツーリングへ

配送箱を持ってみて、蓋を開けた瞬間思った事…ちっさ!
183×59×6.5cmと言うフルサイズのマットにも関わらず、軽量コンパクト!
いつもの性能比較をしてみるが、今回の比較対象は空気漏れはしたが廃棄して
いないNEMO Astro Air、冬用のExped Downmat ULの2製品とする。

KLYMIT STATIC V本体
バルブ
NEMO Astro Airでエア漏れの原因となっていた箇所なので、最初にチェック!
おや?どこかで見たような形状・サイズ…
NEMO Astro Airと並べてみた。
これは…同じバルブじゃねえか!!
バルブ

Astro Airを購入した時に同時に購入したNEMO専用ポンプがあるのだが、試しに
繋げてみたら問題なく装着できた…なんてこったい/(^o^)\
実はこの専用ポンプでAstro Airに目いっぱい空気を入れると50回以上ポンピン
グしないといけないので結構疲れるため数回使っただけでお蔵入りした代物。
Astro Airはポンプを使わずに直接呼気を吹き入れて膨らませていたのがバルブ
劣化の一因となったのでは?と思っているので今度のマットはポンプを持ち歩
く事にしたいのだが…やっぱ使いにくいんだよなあ。
NEMO専用ポンプ

こちらのブログによるとNEMO Astro Air InsulatedにBig Agnesのポンプハウ
スがそのまま装着できるそうなので取り寄せて接続…暫くはコレで行こうと思
うが、実際に使ってみて問題がある事に気付いた。
Expedのマットのように逆止弁がついている訳ではないので、パンパンになるま
で膨らませられない。有る程度入れたら取り外して最後は呼気で入れないとい
けないのはイマイチだな。対策プランを考えて見たので近いうちに改造しよう。
ポンピング回数はAstroAirで4~5回、StaticVで3~4回だったかな。

更に情報追加!BigAgnesの枕を持っているんだがそれのバルブ径は17~18mm
KLYMITとかNEMOはバルブ径は20mm位。他のメーカーのマットと比較しても20mmは
大きい部類なので、BigAgnesのポンプハウスは恐らくどのメーカーのエアマッ
トにも流用可能~
ポンプハウス

マット表面
寝転がって見ると背中に凸凹があたるのが気になるが、シュラフの下に敷くの
なら隙間にダウンのロフトが分散する筈なので実際の断熱値よりも断熱性能が
高いのではないかと思われるが使ってみないとわからんね。

マット比較
メーカースペックは以下、()内は収納サイズ
Exped Downmat UL7 183x52x7cm(φ11x23cm)
NEMO Astro Air 183x51x6cm(φ9x20cm)
KLYMIT Static V 183x59x6.5cm(φ12.7x22.8cm)

収納サイズ比較
メーカースペックではAstroAirより、StaticVがでかいのだが、実際は逆で
StaticVの方が一回り小さい。
収納サイズ比較

横に並べた
Astro Airだけ一回りでかく見える。10cm以上でかい感じ。更にAstroAirは
枕部分が厚くなっているので更にでかい印象を受ける。
横に並べた

幅を比較
DownmatとAstroAirが幅が同じなのは良いとして、Klymitも同じって事は膨ら
ませていな時のサイズで測っているのか?
幅を比較

厚みを比較
Downmatの厚みは公称値通りか、AstroAirも公称通りっぽいが、StaticVはやけに
薄い感じだ。
厚みを比較


ん~なんか公称値よりも小さい感じの残念感のあるマットですな。
今のところ夏季のキャンプ予定は無い(今年は長期休暇も難しい)ので、出
番は少なそうだから良いかなあ。

おまけ
上段が6/10にパンパンに膨らませたマット
下段が今朝見たマット
AstroAirだけヨレヨレに空気が抜けとるね。
体重かけてなくてコレだから、体重かけたら一晩でペタンコになるわけだ(ノ∀`)

おまけ


|

« 夏用エアマット購入 | トップページ | 加水分解対策 »

アイテム」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏用エアマット購入 | トップページ | 加水分解対策 »