« 4/12-14 辰ノ口親水公園 連泊キャンプ 2日目の後半 | トップページ | 4/12-14 辰ノ口親水公園 連泊キャンプ 最終日 »

2013年4月18日 (木)

Exped DownmatUL7がパンクした!?

ある日のキャンプにて一晩寝て起きるとDownmatUL7がぺったんこになっていた。
正確にはぺったんこになっていて寒くて目が覚めた(ノ∀`)

さてどこに穴があいたのか??
なぜパンクしたのか?
これらを明らかにしないと直してもまたパンクするかもしれない。

そして…DownmatUL7は既に修理済み&修理中の写真を取り忘れたので、この記
事は覚書として残しておく。

↓ブログランキングに参加中、押してくださると幸いです

バイクブログ キャンプツーリングへ

これは並行輸入品なので国内保証が効かないので自力で修理しないといけない。
やる事はタイヤチューブのパンク修理と同じ筈って事で色々試して修理した。

パンク箇所の特定
マットを膨らませる

目いっぱい空気を入れてマットの上に寝て見るが、特に音はしないし抜けてい
る様子もない。1時間程放置するとパンパンに入れた筈のマットが少し萎んで
いる事から、確かに穴は開いているらしい。
ただし完全にぺったんこになっていないので、かなり小さい穴が開いたと思
われた。

水で濡らして特定する
チューブの場合は、水で濡らしてパンク箇所の特定をするので、同じように
風呂場に持ち込んで全体を水で濡らしてみた。
するとどこかで空気漏れの音がする。

マットをバルブ側、真ん中、下側とずらし音を聞いてみた。
どうやらバルブ周辺が怪しいまで判った。

石鹸を泡立てて特定する
空気が洩れていれば泡が膨らむ筈なので、まずはバルブ周辺に泡を盛るが、
バルブ周辺は大丈夫そうだ。
となれば、次は畳んだ時にバルブが当たる辺りはどうか?と見たところ、
泡が大きくなるって事で場所特定完了~

さて修理するよ
まずは乾かさないとね
いい機会なのでマットの汚れをしっかり落としてから、タオルで満遍なく拭い
て乾かして完全に空気を抜いて皺が無いようにしておく。

改めてパンク位置を特定
場所はマットの表面と裏面生地を接着してある隅っこの辺りなので、修理用の
パッチがはみ出してしまいそうだ。

接着するよ
修理用のゴム糊を穴の周囲に塗り塗り。
穴を覆うようにパッチを張り付ける。マットの隅からはみ出すが気にしない。
ゴム糊が半乾きになった頃にしっかり圧着させる。
続いてマットを裏返し、パッチに折り目を付けてからゴム糊を塗り塗り
そしてパッチの残り部分を圧着…あ、すべった(ノ∀`)

そして1日放置

翌日…
空気をパンパンに入れて、更に1日放置…大丈夫そうかな?

そして4/12-14の辰ノ口連泊キャンプにて
一晩寝てみたが、空気漏れ無し(=´∇`=)
無事改修完了~~~

原因は??
収納袋とか
DownmatUL7はピチピチの収納袋できっちり空気を抜いてやらないと入らない。
以前空気を抜ききらない状態で無理やりに収納袋に押しこんだ覚えがあるので
これがバルブを押して生地に穴が開いたと思われる。

対策は?
バルブが当たりそうな所に予めパッチを張るのも一手だが、完全に空気を抜け
ば収納袋に余裕ができるので無理な力が掛からず問題も発生しない筈だって事で
この件は終了

最後に
当てたパッチはこんな感じ~
少し歪んでいるのがすべった跡
よれよれ修理


これからは気を付けて使おうっと♪

|

« 4/12-14 辰ノ口親水公園 連泊キャンプ 2日目の後半 | トップページ | 4/12-14 辰ノ口親水公園 連泊キャンプ 最終日 »

DIY」カテゴリの記事

アイテム」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/12-14 辰ノ口親水公園 連泊キャンプ 2日目の後半 | トップページ | 4/12-14 辰ノ口親水公園 連泊キャンプ 最終日 »