« 1/12-13 ハートランド朝霧にて煙突オフ 二日目 | トップページ | 12/31-1/2 年越し大間旅行 初日 »

2013年1月19日 (土)

Exped ergo hammock Combi

通算7つ目、現役で5つ目の幕を購入した。
数年前からキャンプ仲間にハンモックユーザーが増えてきていたのだが、特に
手を出すこともなく過ぎていた。昨年末に政権与党が変わり、ご祝儀相場的に
円安が急激に進んできたのを受けて、額が大きいものの個人輸入は早めにやっ
ておくのが吉とばかりに、あちこちの通販サイトを物色していたら思わず欲し
くなったのでポチってみた。

持っている(いた)タープ以外のシェルターは以下の通り。
  • 初代
    小川キャンパルアーディンDX
    →友人に廉価で売却済み
  • 二代目
    Promonte VL-32
    出番は減ったが現役
  • 三代目
    MOUNTWAIN HARDWARE KIVA
    薪ストーブインストール冬用参天として現役
  • 四代目
    VANGO JUNO300
    年に1,2回しか張らないネタ用のモノポールテント
    底布はあるので、いわゆる参天ではない。
  • 五代目
    SNOWPEAK PENTA EASE
    →友人に廉価で売却済み
  • 六代目
    MSR HubbaHP
    メイン使用のソロテント
  • 七代目
    Exped ergo hammock Combi
    六代目までとは被らないハンモックシェルター

これは世界的にも権威ある 「Outdoor Industry Award 2011」の「04. Camping equipment」を受賞したハンモックで従来のハンモックとは色々異なるらしい。

ハンモックって何?
オリジナルは?
Wikipediaより
元は南米の熱帯地方で先住民が使っていた寝具。丈夫な網または布の両端を
纏めて壁や柱、野外では立木の間などに吊して、その上で寝たりくつろいだ
りする。
両端付近に木の棒を入れて広げて使うとハンモックが丸く身体をくるむように
ならず、使い心地がいい。また身体をハンモックの向きに対して斜めにすると
比較的背中が曲がらないので寝心地がいい。

シェルターとしてハンモックとは?
風雨を凌げるレインフライがついたぶら下げるテントと言う喩えが判りやすい
だろうか。

一番有名なのがHennessy Hammockで、これを使っている友人はこちら
Exped ergo hammock Combiってのは?
初めて知ったのは、去年の8月頃のきいろいのさんのつぶやき
「完全縦に寝られるハンモックが出たらしいけど名前忘れた。それぞれ横の部
 分に紐が何本もついてて、それをまとめて一本にしたのを木にくくりつける
 の。なんだっけ?今月号のビーパルかなんかにのってた。(以下略」

そもそも2本の柱の間に下げる構造では以下の点をクリアする事が出来ない。
  • まっすぐ寝られない
    対策として「身体をハンモックの向きに対して斜めにすると比較的背中が曲がらない」手段がある。
  • 「(木)-ハンモック-(木)」と言う設置方法では、木と木の間がハンモックの全長以上に開いていないと設置できない。
    Hennessy Hammockの場合は柱の間が3.6~7.6mの間でないと設置できない。
    最低でも3.6mは必要

つぶやきを読んだ時は気にしていなかったので特に調べもしなかったのだが
改めて調べてみると、色々と革新的な技術が実装されているらしい。
詳しいことは検索してみてください。

Exped ergo hammock Combi
個人輸入検討
いよいよ本題の購入したハンモックネタに入る。
…とその前にメーカーの話をしておこうか。
Expedはスイスのメーカーで以前は日本国内への正規輸入ルートは無かったが
去年辺りだったか日本国内正規代理店が出来た。
正規代理店のメリットは壊れた時の補償が国内で効くことである反面、デメリ
ットは個人輸入で安く入手できない&代理店契約の関係で海外販社から直接輸
入出来なくなる事等がある。

さてExpedだが昨年末にDownmatを購入した際は、代理店の制限には引っ掛から
なかったが、この制限がいつまでかからないかは判らないので、入手するなら
早めにするのが吉と見た!

ショップ選び:Mountain Edge
最初に選んだのはMountain Edgeというアメリカの通販会社で$229
直接日本への発送を頼んだら、日本向けは発送できないと返事が返ってきた。
今度は転送サービスを使ってみようとして、注文したら転送会社の要求する
情報が荷物追跡サービスの無い配達モードしかサポートしておらず、急遽
キャンセルしてもらった。

ショップ選び:Mountain Gear
前のショップはケチがついたので、別の店を探す。
良く使うMoonTrailでは扱いが無く、レビューサイトで調べると他のショップ
でも扱いがあった。
既にリストからは無くなっているが、Mountain Gearというショップではセー
ル中
で$179.79で売られているらしい。
送料を$40と考えても、最初に売られている店より安いのでは?

ここも荷物追跡サービスの無い配達モードしか書いてないので少し悩んだが…
ちょっと待て!転送ではなく購入代行使っても、合計$240位で購入できそうな
気がする??

ショップ選び&代行サービス
知り合いが何度か使っているSpear-netという転送&代行会社で見積もり依頼を
してみた。

 商品代金-$179.97
 アメリカ国内送料-Free
 手数料(20%or$20)-$36
 合計 $215.97

これに送料が入ったとしても最初買おうとしたショップより安く済む計算だ。

依頼~到着まで
以下日本時間で表記
 1/05 12:36>購入代行見積もり依頼
 1/05 15:48>見積もり返答
 1/05 23:24>払込み
 1/06 23:24>代行会社からショップに購入手続き
 1/12 06:50>代行会社に荷物到着連絡
 1/12 07:13>日本への送料連絡
 1/13 17:51>送料払込み
 1/15 08:37>荷物発送
 以下、日通の荷物追跡サービスの履歴
 1/15 15:00>SAN FRANCISCO,CA (SFO) 貨物受領済
 1/15 19:20>SAN FRANCISCO,CA (SFO) B/L発行済
 1/16 17:54>SAN FRANCISCO,CA (SFO) フライト搭載済(1ST)
 1/17 21:53>NARITA (NRT) 着空港に貨物到着
 1/17 21:53>HANEDA (HND) フライト到着済(1ST)
 1/18 04:00>HANEDA (HND) フライト搭載済(2ND)
 1/18 10:46>NARITA (NRT) 上屋搬入済
 1/18 11:24>NARITA (NRT) 通関許可済(到着)
 1/19 08:16>配達完了
 
注文してから2週間で到着ってとこだね。
荷物追跡


関税かかるの?
以下、円ドルの換算レートを90円で計算する。

関税(輸入時にかかる税)を算出してみると
今回の場合は個人範囲での使用となるので、商品価格の60%が関税対象となる。
商品価格x円レートx0.6=9,718.38となるが、1万以下は免
税対象なので、今回は購入額そのままで輸入完了となった。

もし最初選んだショップでそのまま輸入していたら、確か$229だったので229x円レートx0.6=12,366円が課税対象となっていた。
この場合の関税額は以下3つを足した額となる。
  • 消費税+地方消費税=5%
  • テントの場合の簡易税率=3%?(MSRテント輸入時は3%位で計算されてた)
  • 通関料200円(課税0の場合は0円)

 関税対象額=(商品価格x円レートx0.6)
 関税対象額x0.03+関税対象額x0.05+200円となるので、
 $229の場合は、1189円の課税となる。

つまり$229と$179.9の差額に円レート90円かけた4419円安いのではなく
+1189で実際には5,608円も安かったという計算になるわけだ。


日本で買うよりもどれくらい安いの?
Googleのショッピング検索結果は、\28500 or \46,460
海外キャンプ用品専門通販 - キャンプスターは、\35,200
アウトドア用品専門店OUTDOORSELECTは、\50,715
nor・bu ling・kha BLOGは\25.200

日本国内最安値ショップよりも2,500円程度安く買えたので満足。

空けてみよう
荷姿
Spearnetで入れ替えたのだろう箱は割りとしっかりした箱だった。
荷姿

商品パッケージ
商品パッケージはダウンマットと同じように、紙がくっついているのみ
「Outdoor Industry Award 2011 GOLD」の印刷が(・∀・)イイ!
重量はスペック通りだった。
MSR HUBBA HPがほぼ同じ重量なので、実は全然軽量化はしていないという…
地面に設置するソロ用シェルターか、空中に設置するソロ用シェルターかの違いですね。
Expedパッケージ

中身は?
ハンモック本体(グレー)
ハンモックを吊るすロープx2本
レインフライ(グリーン)
中身


設営動画
海外のショップがアップした設営動画
本体の設置手順




タープの設置手順


以上で購入編は終わり~
実戦初投入は月末のキャンプでやる予定だが、その前に試し張りはいつしようかな。

|

« 1/12-13 ハートランド朝霧にて煙突オフ 二日目 | トップページ | 12/31-1/2 年越し大間旅行 初日 »

アイテム」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/12-13 ハートランド朝霧にて煙突オフ 二日目 | トップページ | 12/31-1/2 年越し大間旅行 初日 »