« 12/31-1/2 年越し大間旅行 初日 | トップページ | 12/31-1/2 年越し大間旅行 三日目 »

2013年1月22日 (火)

12/31-1/2 年越し大間旅行 二日目

6:30頃起床!

青森の日の出時間は7:00ジャスト、冬は東の南寄りから陽が昇るからっと
あれ?雲がかかっている。
しかも雲の流れる方向からして、ずっと雲orz

つまり見れない。

車内を暖めたら出発することにしよう。

大間市街観光
夏なら朝からあちこちの店が開いていてお土産の物色ができるが、年中無休の
大間観光お土産センターが朝8:00に開店する他は今日はどこも休みだろう。
開店までの暇つぶしに大間市街をめぐる事にした。

大間崎のモニュメント
夏にも見たなコレ。
海沿いのせいか雪は殆ど積もっていない。
モニュメント

市街の様子
見かけたのは車2台、犬の散歩中のおばちゃん1人だけ
本当に人がいないね。
大間野営場のトイレは暖房で温かかった、これを無料で提供してくれている
大間の人達には頭が下がる。
トイレ

フェリー埠頭
今日は出港予定が無いので閉まったままのフェリー埠頭事務所。
夏に来た時は21時着便だったので改めて見たがしょぼい事務所だな。
フェリー埠頭事務所

佐井方面は通行止め?
仏が浦遊覧船は冬季休業中なので、てっきり仏が浦も行けないものと思って
スルーしてしまったのだが、後で調べたら佐井~湯の川温泉の部分は冬季通
行止めだが、仏が浦に向かう道は国道で通行止めにはなっていなかった。
雪積もる仏が浦を見れたかもしれないと思うと残念でならない。
佐井方面

大間観光お土産センターに戻ってきた
適当にお土産を購入し、本州最北端証明書(元旦スタンプ付)を購入
宗谷の最北端証明書(元旦スタンプ)を持っている人は結構な数居ると思うが
大間の最北端証明書(元旦スタンプ)はある意味レアだろうなあ。
さて、次は尻屋崎へ向かおう。
[証明書が見当たらないので、探し当てたら画像アップする]

あれ?このナンバーは…
お土産センターにお客さんが来た。旅行者らしい。京都ナンバーだった。
こんな日に来るとは変態だな。
京都ナンバー

尻屋崎へ
東通村
原発で有名な東通村、原発があるのは岬の反対方向なのでこちらには何もない。
本当に何も無い。防風林の中を一直線に道路が通っているだけ。
東通村

とある港町
とある港町

三菱マテリアル工場
おそらくこの辺で一番でかい工場。
というか、この工場以外は港しかない。
三菱マテリアル工場

東通村って?
東電から30年間に157億円も貰っていた村。
公共施設が田舎とは思えない豪華さ
使途不明金だらけの収支
尻屋崎のある北側は原発の反対側で、普通の田舎町にしか見えない。
原発再稼動の目処が立たないと補助金やら何やら色々と無くなる訳で、村長が
青くなるのも分かる気がする。

アタカ(寒立馬の冬の放牧地)
夏に尻屋崎に来た時は、閉鎖ゲートの向こう側で放牧されていた寒立馬を見学
してきた。その時は北側ゲートから入り、南側ゲートから出てきたのだが、南
側ゲートの近くに「アタカ」への標識があったのだけ覚えていた。
そこで南ゲート方面に車を走らせた。

アタカへ向かう途中のガードレール
特定の方向からだと馬の絵になる。
ガードレール

南ゲート付近の柵
ゲートを通り過ぎてからこの辺りで車をUターンさせた。
南ゲート付近の柵

先客が…
ゲート近くに一台の車が…
写真撮影に来た先客のようだ。
話を聞いてみるとかれこれ10年近く毎年数回ずつ来ているらしい。
普段この時期は「風雪耐える寒立馬」の絵が取れないとの事で、この時期に
雪が降っているのはラッキーだと教えてもらった。
風向きは決まっているので、馬の片側にびっしりと雪が張り付くのが撮影ポイ
ントらしい。
馬の片側にびっしりと雪

アタカの説明&ゲート
南側ゲートが遠くに見える辺りのちょい手前に、アタカへ入る入口がある。
ペラペラの運転用の靴からウィンターブーツに履き替えて表に出た。
ゲートはロープが引っ掛けてあるだけ。これで馬は出ないのだろうか。
放牧地内に入ると靴の甲まで埋もれるほどの雪が積もっているが、ウィンター
ブーツでものともせずに分け入った。
ゲートから放牧地までは100m程、更に放牧地に入り200m程先に20頭ほどの寒立
馬が居たので、ズボズボと足が沈む雪の中を馬の近くまで向かう。
アタカの説明&ゲート

草を食む馬
雪の下に残った枯れ草を食む寒立馬
集中して撮影していたら、後ろから気配が……え!?
50cmと離れていない場所に馬が寄ってきていた。
慌てて避けた。びっくりした。
草を食む馬

観光バス
スノーシュー装備したカメラマンが一人増えたが、それと前後して観光バスが
南側ゲート近くに止まり、ぞろぞろと乗客が降りてきて馬がそちらに寄ってい
ってしまった。
エサで気を引いたのかどうかは知らんが、寄っていってしまったのはどうしよう
もないね。
観光バス

走る寒立馬
何頭かの黒馬が走り始めたのでパシャリ
走る寒立馬
走る寒立馬

吹雪
雪が酷くなってきたので撤収しようとゲートまで戻ってきたら、二台目の観光
バスが道を塞いで車を出せない。
乗客を全員降ろしてバスが退くまで15分程ぼけ~~と待ったさ。
ウインターブーツを履いていてさえズボズボ埋まる雪の中で観光バスの乗客達は
普通の靴だった。ペタンコ靴のおばちゃんも居たようだ。
前述の通りゲートから馬の近くに行くには300mほど歩かないといけない。
南ゲート側の柵のそばならさほど歩かなくても間近で馬が見える。
通年通りならそれほど雪の無いシーズンだろうが、今年は雪が多いのでゲート
近くで下ろされた乗客は災難だっただろうねえ。
吹雪


いつものように帰る
旅する時の基本は往きは高速、帰りは一般道。
そういや国道4号を通しで帰った事無かったっけなあ。等と思いつつ国道4
号に進路を取った。

横浜町
はまなすベイライン大湊線の横浜町辺り
昨日の風雪はどこへやらと、青空が見えていた。
はまなすベイライン大湊線の横浜町辺り

1/1 15:48
国道4号線の岩手との県境まで戻ってきた。
うちのカーナビは県境になると「xx県に入りました」とのアナウンスと共に
県の名物を示すアイコンが表示される。
カーナビ

1/1 16:00
国道4号線岩手県紫波町辺りで初夕日
初夕日

1/1 16:27 国道4号のトンネル
国道4号線は日本最長で743.6kmもありながら、トンネルは4か所しかない。
この時間は岩手県二戸郡一戸町を走っていたので、小繋トンネルか笹目子トン
ネルのどちらかだか不明。
なんでもいいが、二戸なのか一戸なのかはっきりしてほしい地名だな。
01_16

1/1 16:33 国道4号の最高地点
鉄道では奥中山峠とも呼ばれかつての東北本線の最高地点だったらしいぞ。
十三本木峠

1/1 未明 国道4号
ぐだぐだのまま国道4号をひたすらに南下した一日は終わった。
宮城県の道の駅三本木にて就寝


本日のルート
グダグダなままに無計画に走った一日だった。
明日も適当に自宅を目指そう。
01_18

翌日に続くぞ

|

« 12/31-1/2 年越し大間旅行 初日 | トップページ | 12/31-1/2 年越し大間旅行 三日目 »

Nikon D300」カテゴリの記事

年越しツーリング」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント


あはは、
神流さんが一番変態です

黒馬の疾駆の写真、格好良いです
貰っときます(笑)

あれ?
私と逆ですね
往路は気合が充実してるので下道
復路は気力体力が尽きているので高速です・・・

お疲れ様でした

投稿: kazu | 2013年1月22日 (火) 19:28

>>kazuさん
黒馬の疾駆は中々恰好よかったですよ。
夏に来た時は白馬が居たのですが、今回は見つけられず
10年毎年来てるおっちゃんの話だと林の中で雪を
避けている事もあるそうなので居ないもんは仕方ないので
諦めました。

往路と復路の経路ですが、往きは大体急いでいる事が
多いのです。帰りに余裕を行程にする事が多いので
初日より二日目のほうがネタが増えます^^

投稿: 神流(かんな) | 2013年1月22日 (火) 19:47

「寒立馬」メッチャカッコいいデス~!

冬のこの時期、見てみたいけどウチからでは厳しいな…

ところで「大間野営場」晩秋の時期はお薦めですかね?

投稿: イトメン | 2013年1月22日 (火) 20:30

>>イトメンさん
冬の東北は何度か行っていますが、見どころが幾つもある
ので楽しいですよ。

10月、11月の大間なら雪も降らないだろうし、寒さで
引き締まった魚も旨いと思うのでお勧めです^^

投稿: 神流(かんな) | 2013年1月24日 (木) 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/31-1/2 年越し大間旅行 初日 | トップページ | 12/31-1/2 年越し大間旅行 三日目 »