« 江戸時代以前の東京湾海岸線を探る | トップページ | 鉈を買おう »

2012年4月 4日 (水)

自転車用携帯ホルダー

スマートホンにナビソフトを入れると、携帯型のナビゲーションシステムとして
使える。自転車やオートバイにつけるとカーナビ代わりになってとても便利。
しかしどうやって固定するか?それが問題だ。

そして幾つかのメーカーからスマートホンを自転車のハンドルに固定するための
パーツーが発売されている。
安い物は1000円未満~高いものは1万円前後のものまである。

さて、そんな中から一番安い部類であるサンコーレアモノショップで売ってい
る(た)携帯ホルダーについて書いておこう。

自転車ネタに興味がある方はポチっと押して進んでください。

↓ブログランキングに参加中、押してくださると幸いです

にほんブログ村 自転車ブログへ

携帯ホルダーの変遷
サンコーレアモノショップ 自転車用車載ケイタイホルダー AKIBA33
自転車用車載ケイタイホルダー
1の部分がカチカチと音を立てて回り、縦でも横でも固定可能と言うのが売り
購入後1か月もしないうちに真っ先に壊れた個所でもある。
そこで接着剤で固定してやって何とか使える状態に復帰したのだが、今度は2の
部分が根本から折れた。
プラスチック部分の柱と言うべき場所が折れたので使用を断念した。

サンコーレアモノショップ 自転車用車載ホルダー2 AKIBA278
自転車用車載ホルダー2
取り付けが簡単にできるようになって、縦横の固定が一般的な自由雲台と同じ
作りになった。
一方で、ホルダー本体と雲台を取り付けるボール部分が細くなった。

取り付け二日目に壊れた
ホルダー本体を支える部分が取り付け二日目に壊れた
〆て980円x2の損失である。

待てよ?この折れ方なら補修できるんじゃないか?
っとヨドバシカメラでコレをポチった

まずハンドル側の元からついている雲台部分を外して、土台のネジを取り付け
ネジは三脚穴に合うようにW1/4サイズのものを使用
補修その1

これで折れた雲台部分は補修できた
補修その2

ホルダー本体から裏蓋部分を外し、穴を開けて雲台のネジを差込み固定
補修その3

ホルダー本体を取り付けて完成
補修その4

これで暫くは大丈夫だろう。

自転車に取り付けてみた
左:サイコン、中:デジカメ、右:スマートホン
ハンドル回りが賑やかだが、これで完成形態となる。
取り付け

取り付け


サイクルコンピュータ(サイコン)で走行記録を取り、スマートホンをナビ
代わりにして、撮影時はコンパクトデジカメを使う。
コンデジよりも鮮明な写真を撮りたい時は、フロントキャリアに取り付けた
バッグからデジタル一眼レフを取り出す。
ハンドルに荷重がかかりすぎて操舵性に問題が無いことも無いが、あちこち
撮影しながらポタリングする時は大体コレで問題無い。


そうだ。今回は壊れたので仕方なく改造したが、初めて買うのであればサンコーの
携帯ホルダーは壊れやすいのでお勧めできない…(ノ∀`)

|

« 江戸時代以前の東京湾海岸線を探る | トップページ | 鉈を買おう »

散歩」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸時代以前の東京湾海岸線を探る | トップページ | 鉈を買おう »