« 秋の会津滞在キャンプ 11/3…初日(と言うか前日の夜~) | トップページ | 秋の会津滞在キャンプ 11/4…二日目 »

2011年12月 1日 (木)

Mountain Hardware KIVAのAフレーム化についての考察

相互リンクしているブロガーさんからリンクをたどって見つけたワッジさんと
言う方のサイトでこんなものが…

http://tommys.naturum.ne.jp/e1323832.html

そして今度はLOCUS GEARさんとこでもこんなものが…
DPTE (Dual Pole Tip Extender) / デュアル・ポール・ティップ・エクステンダー

参天を支えるポールは参天中央部にでで~んと立っているが、これがあると
幕内がフル活用できない。
ならはAフレーム化して、2本のポールを繋いでしまえば良いんじゃないのと
メガホーンで作ってしまったのがワッジさんジョイントとの事。

メガホーンⅡは正六角形、うちのKIVAは正五角形、快速のSimpleは正方形
六角形や正方形は、斜辺の長さを割り出すのが簡単。五角形は?と…

じゃあ作る前にどれだけの材料が必要なのか?
計算式で出してみようと考えてみた。

↓ブログランキングに参加中、押してくださると幸いです

バイクブログ キャンプツーリングへ

何が必要か?
パーツは以下が必要となる。
・ワッジさんの所で紹介されていたHJ-12と言う三角ジョイント
・Aフレーム化するための斜辺のポールが2本
・Aフレームの頂点となり、KIVAをささえる短ポールが1本

斜辺のポールの長さだが、今家にある一番長いポールは2.2mだ。
これが足りないようなら新しく買い足さなくてはならず、ネタで作るのにそこ
まで金かけたくねーってのが本音。

じゃあ、斜辺のポール長が2.2mで行けそうなのか?を計算で出して行くことに
しようかね。


KIVAの底面の高さを算出する
Aフレーム化するためには、針金を頂点で折り曲げた線が必要だ。
正方形や正六角形等の対角線で出来るやつは計算するまでも無いが、残念ながら
KIVAは台形なので、五角形の一つの頂点と、反対線の中心を結んだサイズを出さ
ないといけない。
そこで、正五角形の基本的な構造をまとめてみた。
・すべての辺の長さは同じ
・内側の線を結んだ角度は108度
・対角線と各線を結んだ角度は、72度と36度となる

図にしてみるとこんな感じ

正五角形

底辺C
1辺が2.2mの半分なので1.1mとなる

対角線B
計算はすべて高精度計算サイトKE!SANを利用する事にする
外接の2辺と対角線Bを結んだ三角形は二等辺三角形なので斜度と角度を求める
スクリプトを利用してみる。
http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi?path=04000000%2e%90%94%8aw%8c%f6%8e%ae%8fW%2f01000100%2e%8eO%8ap%8c%60%2f10000400%2e%93%f1%93%99%95%d3%8eO%8ap%8c%60%2fdefault%2exml
斜辺は2.2m、角度36度で、底辺は3.56mとなる

高さA
底辺が1.1m、斜辺が3.56mの直角三角形
http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi?path=04000000%2e%90%94%8aw%8c%f6%8e%ae%8fW%2f01000100%2e%8eO%8ap%8c%60%2f10000300%2e%92%bc%8ap%8eO%8ap%8c%60%2fdefault%2exml
結果は3.38mとなった。


KIVAの斜辺の長さを算出する
計算値とKIVAのスペックを合わせると、斜辺の長さを出す計算は上の高さAの
時と同じスクリプトを使えるので単純に算出するとだな。
 底辺 (3.38/2)m
 高さ 1.65m

斜辺は2.36mとなるので今ある2.2mのポールでは足りない(´・ω・`)
…とここで諦めるのは早い

KIVAはテントだった
幕体にフレームが直接触れると、そこからフレームを伝って水が滴り落ちてくる。
そうなると、フレーム自体は幕体から少し離した場所にする必要がある。
幕自体の緩み考慮して5~10cm程度離せばOKだろうか。
また、ジョイント自体の占める空間も必要なので、斜線のクロスする位置は
実際には165cmではなく、もう少し低い位置になりそうだ。
そこで、底辺と高さを若干補正して…

 底辺 (3.38/2)-0.1≒1.6m
 高さ 1.65-0.2=1.45m
 
 斜辺は2.16m

何とかなりそうな数字になったので、HJ-12を通販で注文した。
届くのは時間かかりそうだし更に追加で考えている事があるので、完成するのは
来週末のキャンプになりそうですな。

P.S.KIVAの自立テント化ネタ
メタルジョイントじゃなくて、ヒトデみたいなパーツを作って5角形に配置したポールで
自立できるかもと頭をよぎったが、2.2mx5本のポールの重量を考えた時点で重すぎ
ると断念したた。

|

« 秋の会津滞在キャンプ 11/3…初日(と言うか前日の夜~) | トップページ | 秋の会津滞在キャンプ 11/4…二日目 »

アイテム」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/53378615

この記事へのトラックバック一覧です: Mountain Hardware KIVAのAフレーム化についての考察:

« 秋の会津滞在キャンプ 11/3…初日(と言うか前日の夜~) | トップページ | 秋の会津滞在キャンプ 11/4…二日目 »