« レインボーブリッジを渡ろう? | トップページ | 6/4-5 十和田湖キャンプツーリング 二日目 »

2011年6月 8日 (水)

6/4-5 十和田湖キャンプツーリング キャンプ場データ

到着した時は夕方頃で、近隣へサイクリングしてきた人たちが三々五々帰ってくる…
あれ?妙に外人さんばかりっつーか、ほぼ全部外人さん!何で!?
帰京してからキャンプ場のスタッフブログやら、あちこちのブログ情報を見て分かったが
このキャンプ場の利用者の4割近くは米軍三沢基地のスタッフらしい。

↓ブログランキングに参加中、押してくださると幸いです

バイクブログ キャンプツーリングへ

キャンプ場データ
名称・管轄
生出(おいで)キャンプ場
国立公園十和田湖に環境省が利用施設として整備したキャンプ場
十和田といえば青森だとばかり思い込んでいたが、青森と秋田に挟まれた湖と言う
のが正解だった。
受付時間は8:30~16:30まで

場所
住所は秋田県鹿角郡小坂町十和田湖字生出となる。
十和田ICからR103経由で30Kmか、小坂ICから樹海ライン超えで25Km程度
山越えして十和田湖にぶつかり、右折してすぐ右手にキャンプ場の看板が見えてくる
キャンプ場の看板

場内に入り、すぐに管理事務所で手続きを行う。
生出キャンプ場管理事務所

場内マップ
固定サイトは1区画5x5m位で区画単位でカマドがあり、通路側には車が駐車できる
スペースもある典型的なファミリーキャンプ仕様と言ったところ。
フリーの芝生サイトもあるが、この日は空いていたのでどこでも使ってOKとの事だった。
場内マップ

料金
オートバイ1台+テント1張で、管理料+テント持込料+駐車代=900円だった。
ホームページの料金より高いのは何でだろうかね??

家族4人でオートキャンプなら…
区画料金+管理料x4+テント持込料+駐車料金=5,200円になるようだ。
炭は買わなかったが、薪は400円(通常の1.5倍量位だった)

サイトの様子
使ったのは固定区画の一つで、芝と土が半々程度だったかな。
地面は湿気ていたがまだ肌寒いせいか虫は殆ど居ない状況。
砂礫混じりのじゃりじゃりした感触の地面だった。
使用ペグはエキスパートオブジャパン クロモリピンペグMHWのXステイク25cm
クロモリピンペグは足で踏むと簡単に沈んでいく柔らかさで、Xステイクは軽く
ハンマーで押し込んだ。
比較的軟弱地盤なので力の掛かる部分のみXステイクで、他はクロモリピンペグを使用。

雑感
今の時期は夜から朝に掛けて10度前後まで冷え込むので、どちらかと言うとオフシー
ズンとなるのだろうが、オンシーズンなら奥入瀬や十和田湖へのアクセス拠点として
人気のあるキャンプ場なのだろうと思った。
R103号に接したキャンプ場だが、この日の様子では夜は殆ど車は通らなかったので
煩くて困るなんて事はなかったようだ。

|

« レインボーブリッジを渡ろう? | トップページ | 6/4-5 十和田湖キャンプツーリング 二日目 »

オートバイ」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レインボーブリッジを渡ろう? | トップページ | 6/4-5 十和田湖キャンプツーリング 二日目 »