« 5/20-21 千葉県大房岬キャンプツーリング 2日目 | トップページ | 直売所を巡る旅 in 千葉 第二弾(後半) »

2011年5月31日 (火)

直売所を巡る旅 in 千葉 第二弾(前半)

昨年末にネタにした海産物直売所を巡る旅 in 千葉の続編である。
先週末は台風が来ていたが、台風故に千葉の観光地は空いている筈との判断でGO!
とりあえずヒマそうにしていた親を観光がてら連れて行く。

前回は勝浦から保田に向かって海沿いをうろうろしたが、今度は勝山から養老渓谷に
向かって海沿い&山中をうろうろしてみた。

天気予報では風は大したこと無かったのでアクアラインで一気に千葉へ


↓ブログランキングに参加中、押してくださると幸いです

バイクブログ キャンプツーリングへ

バウムクーヘン 見波亭
飯時間の調整もあって、食べログで評価の高い東京湾フェリーの浜金谷FTにあるバウム
クーヘン見波亭へ向かう。
店に入ると店員が寄ってきて、早速鋸山バウムクーヘンと柔らかバームクーヘンを試食。
鋸山バウムクーヘンは鋸の刃のように山が付けられて焼かれている。鋸山バウムクー
ヘンの方が旨いので3山1,155円を購入。ちなみに6山2,450円、1山390円だ。
3山だとちょい割安で6山だと割高になる理由は分からんがともかく旨い。
行くことがあったら是非買うのだ!


道の駅きょなん
保田漁港直営レストランばんやの近くにある道の駅
道の駅と言えば直売所とセットになっているパターンが多いが、こちらでは干物
位しか置いてない。食堂が3軒あるがオンボロでしょぼい。
見返り美人図の作者の菱川師宣の出身地らしく、菱川師宣記念館がある。
道の駅スタンプとこの記念館に行く以外には寄る必要は無い場所。
01


勝山漁協直営食堂なぶら
今年のGW直前にオープンしたばかり勝山漁協直営の食堂なぶら
試しに食いに行ってみたが、とても残念なお店だった。

国道からのアクセス
R127にでかい看板が出ているので、漁港方面へ曲がる。
02

店に入ると…
車がすれ違えない狭い道を2~300m走ると、道が突き当たりになり
左が駐車場、右が食堂になるんだが、看板が出ていなければ単なる公民館にしか
見えない。
どうやら漁村センター(公民館のようなもの?)の2階を食堂にしているようだ。
傘と靴は預かり券(手書きの紙)を渡され、スリッパに履き替えて2階へどうぞとの事
03

券売機…だと?
2階に上がるとまず食券を買えと言われ、貼ってあるメニューを見ると
なぶら丼1,260円、お刺し身定食1,050円、地魚フライ定食1,050円、金目丸ごと定食は
時価らしい。一品料理も幾つかあるが、到底ばんやには及ばないレベル。
ばんやを真似て空きスペースで食堂作ってみました的な雰囲気。
回れ右して帰ろうかと思いはじめるが、スリッパに履き替えたのに何も食わずに帰るのも
何だと席に着くことにした。
04

05

店内の様子
公民館の一室に机を並べてあるだけで、窓からは安房勝山 浮島(私有地)が見える。
水とお茶はセルフサービス、店はガラガラ、店員は雑談しながら廊下に突っ立って
いるだけでやる気無さそうな印象。

なぶら丼を頼んでみた
頼んだのは「なぶら丼」1,260円
丼の具は桜でんぶ、鯵、帆立、いくら、マグロ、イカ等10品程
付け合せはヒジキ、サラダ、あら汁(大根入り)、お新香等。
桜でんぶが乗っている海鮮丼見たのは初めてだよ。

ワサビを醤油で溶いて丼にかけてみると丼の具はそこそこ旨いがご飯はイマイチ。
桜でんぶの甘味が他の具と合わなくて残念過ぎ(ノ∀`)
お新香はともかくサラダは要らないと思った。

良く言えば新鮮な魚介類の丼、悪く言えば魚介類だけ新鮮で他はチェーン店の
定食並の出来栄えに思えたので再訪は無いな。
ここに来る位なら並んででも良いからばんやの方を薦めておく。
06

道の駅とみうら
飯を食い終わったのでここからは本格的に直売所巡りに向かおう。

まずは道の駅とみうらだが、ここの
近くにはキャンプ場が三つある。
・7~8月に海岸でキャンプ場として利用可能
 原岡海岸キャンプ場
 北浜海岸キャンプ場
・通年利用できる大房岬キャンプ場
いずれも低価格で利用できるキャンプ場だな。
貧乏キャンプライダー的には冬でも使える大房岬キャンプ場が便利だが、暖かい時期は
虫が多いので苦手な人は注意。

お魚市場
お魚市場と言いつつも、中身は干物がメイン
店頭にホンビノス貝が売られていて、別名白ハマグリとか書かれていたが、
ハマグリとは別種な貝なのでこれを白ハマグリとするのは誤用らしい。
誤用なのは知っていたので特に思うところは無し。
ちなみに大アサリってのもアサリとは別種です(´・ω・`)
07

漁港直売所
お魚市場の常設っぽいスペースとは別にあった富津港直送のお店
鯖の開き3枚500円、かわいいサイズのイカ干しは最初7枚500円だったのが、10枚
500円になり、道の駅から撤収する頃には15枚500円まで値下げしていたので購入
生干しだったので帰宅後再度干しなおした
08

野菜類直売所:お百姓市場
近隣の農家の直売所
一通りそろっていて安い。
09


南房総道楽園
食事処
回転寿司のチェーン店らしい山傳丸は食べログ評価は低い。
行ってないので詳細は不明

直売所 魚鷹
ホームページはこちら
10

鮮魚は今が旬の鯵から、近海物のマグロ、カツオ等や、刺し盛り、寿司等各種取り
揃えていて割りと安い値段設定だった。
11

12

7種9品の干物セット(鯵2、サンマ2、金目1、鯖1、イカ1、カマス1、?)が
1,300円だったので買ってみた、鯵を食べてみたが塩加減が丁度良く脂も乗っていて
旨かった。

野菜類も割安なので、前述の3キャンプ場に行く前に寄ると良いだろう。


たてやま健人館とれたて市場
地元農家(220名)が出品しているお店で野菜や干物、花や苗も売っている。
13

野菜類は魚鷹と同等の値段。野菜のみ買うならここでも良いかな。
干物はとりあえず置いてある程度で、わざわざここで買うメリットは無さそう。
14


そば処 梵 (ぼん)
たてやま健人館とれたて市場の隣にある蕎麦屋。
石臼挽き本格手打ちの看板があり、興味があったが飯食ったばかりなのでパス
食べログの評判はそこそこだし、機会があったら行ってみたいところだ。
15


館山中村屋
食べログ評価数と評価点の高い人気のパン屋さん
マカロン(140円)、アンパン、クリームパン他を購入
昔ながらの柔らかめの食感のパンが旨い。
通りすがりに寄ると良い店かな。
16

店内右側はケーキショップ、その他は自分でお盆に載せていくタイプのショーケース
17


前半はここまで、後半では内陸部の直売所を巡る事にするよ。


|

« 5/20-21 千葉県大房岬キャンプツーリング 2日目 | トップページ | 直売所を巡る旅 in 千葉 第二弾(後半) »

キャンプ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/20-21 千葉県大房岬キャンプツーリング 2日目 | トップページ | 直売所を巡る旅 in 千葉 第二弾(後半) »