« Go System Apollo Gas & Liquid Remote Feed Stove | トップページ | ペグについて »

2011年2月14日 (月)

イギリスからの個人輸入

前記事のApollo含めて何点か個人輸入中ですが、今回のネタはイギリスからの
個人輸入について…です。

通販サイト大手のアマゾンは超有名ですが、日本だけでなく各国サイトを見ると
日本では余り知られていない製品や面白そうなものが目白押しだったりします。

参考までに…
日本amazonのアウトドア用品カテゴリ
アメリカamazonのアウトドアカテゴリ
イギリスamazonのキャンピング&ハイキング用品カテゴリ
amazonカナダのアウトドアカテゴリ
フランスamazonのキャンプ&ハイキング用品カテゴリ
ドイツamazonのキャンプ&アウトドア用品カテゴリ
イタリアamazonにはアウトドア用品のカテゴリは無いようです。

前記事のApolloの安い店を調べていたついでに、イギリスamazonのアウトドア
カテゴリのうち目ぼしいモノをピックアップしました。
それらが普通に買えるモノか?今必要があるものか?安いか?等々を調査の上で
買うものを決定~

買うものが決めれば今度は店探しですが、条件は2つ
・日本に直接輸出してくれる店
・幾つかの商品が同じ店にある事(送料節約のため)

ま、ぶっちゃけた結論から言えば、2条件を満たす店はありませんでした。

そこでどうしたかと言うと…

あ、今回は個人輸入ネタなので文字ばっかです。
興味ない人は飛ばしちゃってください。

↓ブログランキングに参加中、押してくださると幸いです

バイクブログ キャンプツーリングへ

今回は輸入代行を使ってみる事にしました。
イギリスから日本への配送料金は何故かバカ高いので転送代行業者経由で
まとめれば安くなるかもと考えてみました。
この考えが正しい訳でも無いと気づくのは注文した後の事でしたが、何事も
経験ですね。

輸入代行業者について
次に探したのは輸入代行会社
輸入代行と一口に言っても、実態は3種類あります。
通販店と同じ国に代行オフィスがある会社
こちらは更に2種あります。
・転送サービス
 注文するのは自分で、イギリスから国外配送までを代行してもらう
 日本のクレジットカードが使える事が必須条件
・購入代行
 輸出禁止のモノは除きますが、日本への配送していない通販もOK
 日本のクレカ使用不可でも輸入可能

日本に代行オフィスがある場合
結局個人輸入と変わりませんので、日本への輸出制限品は輸入できません。


数箇所の代行業者をチェックして今回選んだのはエイクルと言う代行会社です。
本社の場所:イギリス
サービス:転送と購入代行の2種
代行手数料:商品の合計金額で算出
その他:検品代、梱 包 代、ショップへのクレーム代含む
    £100までなら買い物費用も代行可

購入したもの
Go System Apollo £36.72 inc VAT
某商品:£30 inc VAT

手数料 £15
配送量 £40前後
その他 通販店からエイクルへの配送料金

(36.72+30+15+40+その他の料金)*132円[換算レート]=16,067円

さて、注文時に見落としていたのが「inc VAT」の単語でした。


inc VATってなあに?
税込みって意味ですね。
アメリカは消費税無いですが、イギリスや日本は消費税があります。

平成22年度の世界各国の消費税率はこちらで、イギリスは17.5%ですが今年1月から
20%に上がっています。
さてこの20%が実際の買い物にどう影響したのか検証してみます。
エイクルを通した場合
代理手数料=£15(合計額£75以下では£15均一の最低料金)
買い物A:£30
買い物B:£40

(30+40+15+40[配達料金])*132円[£→円換算レート]=16,500円
エイクル曰く16,000円を越えると関税がかかるらしいので、更に+1000円前後?かかります。

個人で配送手続きまでやった場合
輸出となるので免税対象となります。
・配送方法が最安だった場合
 買い物A
  税抜き額:£25.00
  送料:£27
 買い物B
  税抜き額:£33.33
  送料:£30
 ⇒(25+27+33.33+30)*132円=15.223円

・速達航空郵便小包だった場合
 買い物A
  税抜き額:£25.00
  送料:£78
 買い物B
  税抜き額:£33.33
  送料:£50
 ⇒(25+78+33.33+50)*132円=21.955円


それぞれの差額とサービス
最安なら、エイクル経由の方が結果的に2300円弱高くつきます
最高なら、エイクル経由の方が遥かに安いです。


アメリカは消費税が無いので転送業者を使うと概ね安くなりますが、イギリスの場合は
消費税と配送料金と相談しないと、どの方法が安いのか判断が難しいようです。
今回頼んだ代行業者エイクルは検品代、梱 包 代、ショップへのクレーム代まで含んだ
料金なので、今回程度のものに限って言えば、輸入代行業者を頼む方針で良かったように
思えますがまだ取引完了していないので、油断はできませんね。

ちなみに今のところのエイクルの対応状況はこんな感じです。
2/7 見積もり依頼
2/8 21:49(イギリス時間12:49)に見積もり回答
2/9 17:28:29 代行依頼
2/9 23:33(イギリス時間14:33)に受注及び、オーダー完了報告

オーダーが順調に通れば
2/14に振込み額(振込み先はUFJ)のお知らせメール
 →2/15に振込み
2/15or16に振込み確認連絡
あとはエイクルに荷物が届いて問題なければ日本へ発送して1週間程度でしょうか。
遅くても2月末には届きそうですね。

|

« Go System Apollo Gas & Liquid Remote Feed Stove | トップページ | ペグについて »

アイテム」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Go System Apollo Gas & Liquid Remote Feed Stove | トップページ | ペグについて »