« MSR GEAR SHED | トップページ | MSR GEAR SHEDレビュー(内容物確認~設営完了) »

2011年2月 3日 (木)

精密検査に行った。そして…

紹介状(診療情報提供書)によれば循環器系の異常が疑われるって事で17日は
朝から精密検査でした。

まずは血液検査、胸部レントゲン、心電図等
心電図とレントゲンでは判別不可との事でしたが、血液検査でとある病気特有の
反応が出ました!

そこで、更に特定病状の調査のため、以下検査実施
腹部超音波診断と血管造影剤を入れてのCTスキャン実施した診断結果は…

バイクブログ キャンプツーリングへ

即時入院せよとの指示が!?


診断結果は肺塞栓と言う病気でした。

一般に知られている通称で言えばエコノミー症候群と言われる病気で、乾燥した
場所で足を動かさず、なおかつ水分を取らない状態が長く続いた場合に下腿部等で
できた血栓(血の塊)が静脈から心臓へ、更に動脈から肺へと通り、肺の血管に
栓をしてしまう病気です。
栓をされた部分では酸素と二酸化炭素のガス交換ができなくなり、呼吸困難に
陥ります。肺の血管は×印を描くように通っていますが、もし中央部に詰ったら
呼吸できなくて即死もありえるそうです。

私の場合、肺の下半分の血管には血栓が詰りまくり、上側にも少し詰っていたそうで
担当医曰く…「これだけ血栓が多い状態で真ん中に詰らなかったのは運が良かったですね」
との事でした。本当に運悪く即死していた可能性もあったそうです。

予想される原因は年末年始旅行の最後の夜行バスですね。
青森22時発→新宿着06:30まででエコノミー症候群の発生条件が見事に揃っていました。
・乾燥しきった車内
・12時を過ぎた辺りから殆ど水分を取っていなかった。
・4列シートの狭いバスで足を動かす事ができなかった。
・日ごろからの不摂生による標準体重よりちょい重めな体重;;

即時入院を打診されたものの病床の空きが無く、実際に入院できたのは二日後、そこから
血液凝固を防ぐ薬の点滴と服用による治療と、血液検査や心電図、CTスキャン等による
経過観察を経て11日後の1/29に退院

精密検査時と退院直前のCTスキャン画像を並べて見せてもらいましたが、見違えるように
血栓が減少していました。それでもまだ血栓が残っていたり、継続して治療を続行しないと
いけないため、当分は抗血液凝固剤の服用や経過観察をしないといけないようです。

治療の様子
1/19 11:00~1/22 11:00
 ヘパリンを毎時5mlのペースで点滴(毎日間断無く継続)
 ワーファリンを服用(各日3~7錠)
1/22 11:30~1/24 11:30
 スロンノンを毎時2mlのペースで点滴(毎日間断無く継続)
 ワーファリンを服用(各日7錠)
1/25~1/29
 ワーファリンを服用(各日7~6錠)
退院後
 ワーファリンを服用(各日5.5錠)

ワーファリンは血液の凝固作用を弱めて血液をサラサラにする薬なのですが、血液が凝固
しないとどうなるかと言うと、怪我をすると血が中々止まらなくなります。
どこかにぶつけた時に内出血しますが、これも皮膚下で血が止まらないので高い確率で
でかい青痣になります。
つまり怪我をするような運動は避けないといけない…なんて事になってしまった訳です。
具体的に言うと
・バイクに乗る
 転倒リスクが高い
 →とりあえずゴテゴテにプロテクター付けて対処予定
・オフロードバイクで林道ツーリング等
 転倒した時のリスクが高いので禁止
・自転車通勤
 →転倒リスクはあるので、最低限のプロテクタを付けて対処予定

…なんだろう、やれる事が少なくなってしまった(´・ω・`)

更には薬の効果を弱めるのでビタミンKの多量摂取が禁止されているのですが
食べられなくなるのは、納豆、緑の濃い野菜の多量摂取等ですね。
抹茶なんかもダメらしいですが、生の大豆はビタミンK少な目なので大丈夫だとか。
乾燥わかめは戻してない状態で30g程度が限度、30gと言うと相当大量なので
普段味噌汁に入れる程度なら問題なし。

薬を飲む期間は経過観察状況次第ですが、最低で1年程度
更に色々リスクを減らすために適正体重へのダイエットも必須等々

次に医者に行くのは2月15日で、そこまでは散歩以上の運動禁止だそうです。

なんというか、今年1年は節制の年になりそうですorz

|

« MSR GEAR SHED | トップページ | MSR GEAR SHEDレビュー(内容物確認~設営完了) »

年越しツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MSR GEAR SHED | トップページ | MSR GEAR SHEDレビュー(内容物確認~設営完了) »