« 10/31-11/01 大岳キャンプ場ツーリング 初日 | トップページ | 新しきもの、新しき店、古き道 »

2009年11月 4日 (水)

10/31-11/01 大岳キャンプ場ツーリング 二日目

6:30頃に起床、この時期にしては気温は12~13度程で比較的暖かい陽気です。
大岳鍾乳洞の管理小屋に行ってもまだ閉まったままなので、更に山に分け入った
先の大滝を見に行く事にしました。
キャンプ場及び周辺については別記事にするので、ここでは詳細は割愛します。

山から戻ってみると管理小屋の人が居たので、1泊料金1,300円を支払った後は
早速撤収、まずは檜原街道まで戻るのですが…

昨夜は暗くて見えなかった渓流沿いの紅葉
渓流沿いの紅葉

秋川国際マス釣り場は大賑わい
秋川国際マス釣り場

帰路ルートは奥多摩周回道路→青梅街道にしたかったので、分岐点の十里木へ
十里木交差点

奥多摩周回道路に近づくに連れ、峠を攻めるライダーを数多く見かけるように
なります。この風景は今も昔も変わりませんね。
ライダー

途中で見かけた喫茶店の看板…「奥多摩る貯金箱」は特許商品らしいです。
気にはなったものの次の楽しみに取っておくことにして、今回は素通りしました。
奥多摩る貯金箱

そして奥多摩周回道路入り口に到着
昔は奥多摩有料道路だったのが今は無料化されたものの、ゲートだけは夜間閉鎖の
ためか残してあります。ここに来るのは十数年振りでしょうか…
奥多摩周回道路入り口

この先はもう峠を攻めるバイク、車の世界ですが、そんな道のりを荷物満載の
DJEBELでトコトコと走り抜けます。
晴れた空、色づく紅葉、カラーアスファルトのコントラストが良い雰囲気です。
奥多摩周回道路

やがて道は奥多摩湖にたどり着きます。
奥多摩湖

ついでなので前から一度渡ってみたかった浮橋に行ってみました。
以前はドラム缶でしたが今は違うようです。足のように張り出した4つのフロートと
橋の底部分にあるフロート、更に全ての島が連結しているために沈むことは無い
ようです。
結構揺れますが、かなりがっしりしているので不安感は無いです。
麦山浮橋

本日のルート
本日のルート


おまけ

帰り道で見かけたキャンプ場が幾つかありましたが、どこもアクセスは良い
ものの料金がお高めなのが難点でした。

あきる野キャンプ場 麦の郷
檜原街道と大岳キャンプ場の間にあります。
1泊の場合入場料+駐車料金+1泊の代金の合計を計算しないといけないと言う
入場料の分かりにくさがあります。
ライダーハウスとしての利用(2,500円)もできるようですが、値段は微妙な所ですね。

清水苑キャンプ場
檜原街道、十里木から奥多摩に暫く走った場所にあります。
今年は既にクローズしたらしいですが、バイク1泊だと2,300円なので利用する
事は無さそうです。

川井キャンプ場
青梅線川井駅から徒歩7分、新宿からなら青梅街道一本で2時間もあれば
行けるでしょう。
バイク料金は駐車料金x2+1泊=1,500円
薪600円、炭1,200円/3Kgと燃料が高額なのでここも利用しにくいようです。


↓ブログランキングに参加中、押してくださると幸いです

バイクブログ キャンプツーリングへ

|

« 10/31-11/01 大岳キャンプ場ツーリング 初日 | トップページ | 新しきもの、新しき店、古き道 »

オートバイ」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/31-11/01 大岳キャンプ場ツーリング 初日 | トップページ | 新しきもの、新しき店、古き道 »