« 10/10-11嬬恋キャンプツーリング おまけ | トップページ | お気に入り新着をサイドバーに追加 »

2009年10月15日 (木)

最近の改造物欲

とあるアイテムが欲しいが、既製品ではちょっと物足りない。
とあるアイテムを使っていたが、物足りないから改造したい。
複数アイテムを一つにまとめたいが、既製品じゃ希望のものが無い。
そんな既製品では物足りない困った要望とか改造欲&チャレンジの記録を
連ねてみる。

大きい焚き火台が欲しい
手持ちの焚き火台は、プチかまど、コンパクトストーブVHS、万能蒸し器の
三つだったのだが、新たに尾上製作所のフォールディングBBQコンロを購入した。
Onoe

このBBQコンロ、大きさは問題ないが、炭熾しがイマイチやりづらい。
自宅にいるなら電熱コンロで強制着火してしまえば良いが、アウトドアでは
プチかまどで火熾し、BBQコンロに炭を移してしばらく待つ…なんて手間が
かかる。団扇であおぐにしても、面倒臭い(ノ∀`)
じゃあ、ウッドガスストーブみたいに電動ファンで強制的に空気を入れてやれば
良いんじゃね?

とりあえず、コンロの内側に強引にスリットを入れてみた。
きちんと後処理していないので、触ると手が切れそうだ(ノ∀`)
それにしてもこのコンロ9/22購入なのですが、既に年季入って貫禄あるねえ
1_2

空気の流入量が増えたので、これだけでも結構有効だったのだが、これじゃ
目的は達成できていない。
今度電源つけて強制燃焼ファンを取り付ける改造にチャレンジしてみようかと
思っている。
追記:ブログペットのそうやんも↓のように言っているのでたぶん大丈夫でしょう。
1

シングルバーナーが二つ欲しい!
例えば市販のクリームソースを煮詰めながら、マカロニ茹でてグラタンを
作ろうとしたり、ゴハンを炊きながらオカズの調理もしたい等と考えた時
尾上製作所の折り畳みBBQ台が使えれば、A4サイズの網の上で両方
一緒に調理できるだろう。
だが、ゲリラキャンプだったり、焚き火台が使えない環境だった場合は
シングルバーナーで2回作るのも手だが、どうせならバーナーが二つあるのが
便利だろうと思う。

素直にツーバーナー持って行け
Xpected
国内では廃番になった製品だが、ミニマムサイズのツーバーナーがコールマン
USAではまだ販売中らしい。
Xpedition Stove
問題はこのツーバーナーはコンパクトだがコールマンのPowerMaxガス専用だと
言う事だろうか。
本体のみで737g+通常のT型ボンベ重量なら約370gなので合計1.1Kg前後と
思われる。


ためしに先日のキャンプで2セット体制でやってみた。
1_3
T型ボンベの250缶が1個370gx2
Brunton Flexが96g
Stove Standが360g
Primus P-152が196g
合計で、1.4Kg
う~ん重い(ノ∀`)
素直にガス缶1個分増えている感覚だな。


上の二つの折衷案は無いか?
そうだ!T型ボンベに2個同時につけられるようになれば良いのでは?
つめかえ君シャンデリアランタンフレームなら、接続が保障されているが、
このために18,000円もバカらしくて出せない。

そこで、ネジの規格なんてそうそう変わりないだろうと色々調べている途中で
内ネジチーズの継手が合いそうな気がしてきたのだが…
Mono0581927405121202

結論から言うと、T型ボンベ用のネジ山はJIS規格等の標準的なものと比べて
ピッチが細かく、そのままでは簡単に接続はできないようだが、これは工夫
次第で何とかなるだろう。

つまり…改造プランを写真にするとこんな感じ
Tugite
つめかえ君のNジョイントを2つ購入
Nジョイントよりも径が大きい内ねじチーズを1個購入
耐熱&金属用のエポキシ接着剤で、それぞれを接合←この辺りで胡散臭さ倍増
これで安全性はともかく、ガス漏れは無い筈(?)なおで、それぞれにカセット
ボンベ、ストーブスタンドを結合すれば…
約4,000円でカセットガスツーバーナーが出来る気がする
胡散臭すぎる改造だが、ネジ山についてもっと調べてからチャレンジしてみよう
かねえ。

高機能な3シーズン寝袋が欲しい
・真夏を除く、初春~晩秋まで使える事(快適温度が-5~20度程度)
・シュラフカバー不要
・可能な限り軽量・コンパクト
・センタージッパー
・マットインタイプ
こんな寝袋売ってないよ!!と思ったけれど、探せば希望に近いものがある
事が分かった。

Sky High Bag 300 LONG
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/blog-entry-578.html
色がイマイチだけど止水のセンタージッパーが使いやすそう
マットインタイプじゃない

快速旅団 夕張SPDX 860FP 200g又はDX 725FP 200g
http://www.kaisoku.org/mart_m/sleep/yubari.html
これは色は良いがセンタージッパーじゃない

ナンガ スペシャルオーダー
寝袋メーカーナンガに注文生産してもらおう。
 表地オーロラTEX、裏地はNanoTex
 ダウン250g/860FP/センタージッパー
こんなわがまま仕様も可能なのだ。

3つ共、帯に短し襷に長しって感じだが、それでも一般市販品よりは満足の
行くものだろう。

「帯に短し襷に長し」な部分を埋め合わせたスペックを考えるなら…
マットイン、ダウン200g/860FPのSky High Bagか、ナンガにマットイン
タイプをオーダーするのが理想なのだが、ナンガのマットインタイプは
廃番で型紙が無くて作れないらしい(´・ω・`)

まずはこんな所まで書いてみた。
それぞれの結果についてはまた後日の報告としようかねえ^^ 


↓ブログランキングに参加中、押してくださると幸いです
バイクブログ キャンプツーリングへ

|

« 10/10-11嬬恋キャンプツーリング おまけ | トップページ | お気に入り新着をサイドバーに追加 »

アイテム」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/10-11嬬恋キャンプツーリング おまけ | トップページ | お気に入り新着をサイドバーに追加 »