« RM-A4000(バイク用ナビ)故障 | トップページ | 自転車通勤族の実態? »

2009年5月27日 (水)

自転車関連小ネタ

小ネタその1:捏造な自転車報道
フジテレビの「めざましテレビ」の「ココ調」と言うコーナーで、自転車交通の
現実と言う取材をしていたそうだ。
その中で言っていたのは
> 歩道を走る自転車9台を計測したところ平均時速は34km/h。
> 人の歩く速度が3~4km/hですからおよそ10倍。歩行者の
> 安全のため徐行することが絶対に必要です。」
スピードガンでペダルを回していない自転車の速度を計測していた図では
40Km/hも出ていた。

↓問題の映像…3分30秒位が速度計測
映像リンク


だが、ちょっと待て!
走っていたのはシティサイクルだった。
一般的に言われている自転車の速度と言うのはこんな感じ
・徐行(即座に止まれる速度)は時速10Km/h以下
・シティサイクル
 おばちゃんの巡航速度で10~15Km/h
 高校生が15~20Km
 目一杯こいで30Km
 ※参考データ

・ロードバイク
 一概には言えないが車道なら15~40Km/h程度
 歩道だと段差があり、ロードバイクの細いタイヤでは速度は出せない。

取材の中で、信号無視・逆走等が多々あり、現実に自転車通勤をしている
身からすると確かに無茶な運転をする自転車乗りが多すぎる…と言うより
まともに走っている人が極々わずかしかいないのも事実だが、歩道をシティ
サイクルで40Km/hなんて内容を流した時点で他の取材内容も捏造じゃないの?
と疑いたくなる。
無法地帯と化している自転車交通に警鐘を鳴らすのはいいが、捏造までして
大げさな危険をアピールするのはやめて欲しいものだ。


小ネタその2:信号無視な自転車
今朝、信号待ちで止まった時、欠伸して伸びしてのんびりと待っていると
伸びした腕に後ろから来た自転車乗りがぶつかって行った、彼は無視した信号の
先で振り返りこちらを睨んで来たので、「赤信号が見えませんか?ぶつかって
おいて謝罪も無しですか」と大声を上げて呼びかけて見たら、進行方向に
向き直り逃げていった…
他にも信号無視した自転車が数台居たが、彼らはこちらの注意に振り返る事も
無く、そのまま走り去った。

いつもの事だが、呆れる以外に何も無い。
一回、徹底的な警察取り締まりをやって欲しいものだ。
例えば山手線西側なら、目白通り、青梅街道、甲州街道、R246等で数千人規模で
徹底的な自転車取締りを行い、違反者は全員赤切符を切る。
恐らく1日で相当数の違反金収入となるだろう。
是非やって欲しいものだ。

小ネタその3:変則的な折りたたみ


何度見ても感動する折りたたみ自転車
値段が高すぎて買う気にはなれないが、欲しい自転車の一つだ。

どこをどう折り畳んでいるのかイマイチ分からないReachSLも格好良いねえ。


ま、今日はこんだけ~

|

« RM-A4000(バイク用ナビ)故障 | トップページ | 自転車通勤族の実態? »

自転車」カテゴリの記事

通勤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RM-A4000(バイク用ナビ)故障 | トップページ | 自転車通勤族の実態? »