« シルクバレーキャンプ場オープン準備 | トップページ | 本日のDIY »

2009年4月28日 (火)

愛車のミニバンのトランポ化計画(第3回)

「愛車のミニバンのトランポ化計画(第2回)」の状況で積めるのは確実だと
判断した。
あと必要なのは、固定するための道具だ。
DESSYさんのアドバイスによると…
 ・ハンドル角固定
 ・前後方向固定
 ・左右傾斜固定
この3つを確実に!との事だ。

前後方向は車輪止めを工作で作る予定
ハンドル角、前後左右と全体の固定は、タイダウンベルトで固定する事になる。

さて今日はこのタイダウンベルトについて書いてみる。

タイダウン…Tie Down belt…封じると言う意味。
対象の物体が動かないように固定するベルトだ。

タイダウンベルトは大きく分けて2種類ある。
スナップフック式
締めるベルトを手で引っ張って最後にバックルで止める。
ベルトが荷物に食い込むようなモノには適さない
ある程度は固定できるが完全には固定できない。

ラチェット式(ラッシングベルト)
ラチェットを前後に動かす事で更に手だけよりも硬く締められる。
硬いものを荷崩れしないようにするにはこっちを使わないといけない


って事でバイクの固定にはラッシングベルトじゃないといけないようだ。
NAP'S、ライコランド、二輪館、etcでバイク用品として買うと妙に高い。
一方でラッシングベルトなんてのは運送業界では普通にある代物だから、
通販なら4本+送料で2,000円なんてのもある。

個人用途でバイク固定ならコレで十分でしょって思ったんだが、実際に配達されて
きた商品は写真見本のようなしっかりしたものではなく、安っぽく出来が悪い
商品だった。
そのうちもう少しまともなヤツに買いなおそうかな。

|

« シルクバレーキャンプ場オープン準備 | トップページ | 本日のDIY »

オートバイ」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクバレーキャンプ場オープン準備 | トップページ | 本日のDIY »