« 半端なく寒い | トップページ | 4月5日 林道ツーリング回顧録 »

2009年4月 6日 (月)

DJEBEL用のタイヤ

京都の回顧録やら、日曜にでかけた林道ツーリングレポートを書こうかと思って
いるが、その前にDJEBELのタイヤネタを書いておく。

4,000Kmで購入したDJEBELもメーター8,000Kmを超えた。このうちの約1,000Kmは
北海道に行くのに使ったピレリのスパイクタイヤだから除外するとして、購入後
3,000Kmを超えたタイヤは林道ではずるずるでグリップしないorz
オリジナルのタイヤの山の高さが分からんので、今どの位のこっているかも分かっていない。
ともかくタイヤ交換してみようかと思った今日この頃だったりする。

さて、何買おうか…
使用状況は、こんな感じ。
 舗装路>ちょこっとガレ場>>マディな林道>
   >>>超えられない壁>>>アタックツーリング

値段は当然安いに越したことはない。

海外メーカーのタイヤはビードが固いので交換しにくいとの話を
聞いたことがあるので、できるだけ国産(ダンロップ、ブリジス
トン、横浜タイヤ、井上ゴムetc)が良い。
ダンロップのD605だと消耗が激しいとか
スパイクタイヤとして使っているピレリのMT21も同様に減りが
早いとか何とか

オフがそこそこ走れて、安くて寿命が長めのタイヤを探してみた。
参考にしたのは某巨大掲示板のタイヤ情報まとめ友人のブログ記事

フロント:ブリジストンTW301
  リア:ブリジストンTW302
3012


フロント:ブリジストンTW301
  リア:ミシュランT63
63

フロント:ミシュランT63
  リア:ミシュランT63

フロント:IRC GP-21
  リア:IRC GP-22
Photo


さて、どれにしようかねえ

|

« 半端なく寒い | トップページ | 4月5日 林道ツーリング回顧録 »

オートバイ」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半端なく寒い | トップページ | 4月5日 林道ツーリング回顧録 »