« 回顧録)年越し宗谷ツーリング 4日日(2008/12/30) | トップページ | 駐輪場申し込みの季節がやってきた。 »

2009年1月26日 (月)

回顧録)年越し宗谷ツーリング 5日日(2008/12/31)

今日の天気予報は雨、風は強いらしい。
この季節に雨とは暖かすぎるにもほどがある!
旭川で出会った二人組は一昨日は名寄まで辿り着けず一個手前の道の駅で宿泊し
タイヤがやばく本州に戻るフェリーに間に合うかどうか心配なので、宗谷での
年越しテント泊はパスするとの事で、先に出発していった。
他の二人は最北の日帰り温泉施設 稚内温泉童夢に行ってから宗谷を目指すとの
事だ。
自分はと言うと、当初日帰り温泉に行ってから宗谷を目指す予定だったが、
稚内北防波堤ドームを出発してすぐに強風に飛ばされそうになり…急遽予定を
変更して先に宗谷までの状況をチェックする事にした。

市街は建物があるせいか、そこそこ走れるが雨と中途半端な凍結で路面状況が
非常に悪く走りにくい(ノ∀`)
時折建物と建物の間を抜けてくる突風に煽られながら郊外へ抜ける。
一旦郊外へ出てしまうと横殴りの強風に襲われる一方で路面凍結は殆ど無くなり
単なる濡れた路面となった。
稚内空港が見える辺りに辿り着く頃には強風への対応にも慣れ、単なるドライ
路面となっていた。
相変わらず風に対抗してバイクごと体をを寝かさないとまっすぐ進めないので
常になんちゃってハングオン状態(ノ∀`)
大体の様子が掴めたので、再び稚内温泉童夢を目指す事にした。

途中ノシャップ岬に寄って見る事にする(10:00)
1

売店のおばちゃんがヘルメットを見て…
「え?バイク??正気の沙汰じゃないわね」とのたまわった
正常な反応である(=´∇`=)

稚内温泉童夢は日本最北端の日帰り温泉施設
入り口脇にオートバイを止め入館
晴れていれば利尻富士が見える筈だが、あいにくの曇天だ。
宗谷に向かえば飯を食えるところがほぼなくなるので、ここで昼食
五目ラーメンを注文…まったく北海道らしさがないな。
2

昼食後、再び宗谷を目指した。
稚内温泉出発の時に「旭川で出会った二人組」が宗谷から戻って来たので
様子を聞いてみると、風は更に酷くなり風速20m/s近くなっているとの事
稚内空港以後は雪は殆ど無いとの認識で問題ないそうだ。

みたび稚内市街を抜け、強風に煽られながらも順調に宗谷岬を目指す。
宗谷岬手前のセイコーマートで自転車二人組と出会い、聞いてみると
稚内まで輪行してきて走っているとの事だった。
セイコーマートで15分程休憩して後追いしてみると、2~3Kmも進まない
うちに向かい風の強風にやられて一人は歩いて、もう一人はその先で
ペダルを回し続けていた。

そして、ついに宗谷岬に到着!(14:00)
不自然なほどに雪が無い
3

去年と比べても異常に雪が少ない、去年と今年の比較写真を載せてみる。
同じ場所とは思えないな。
今回の宗谷岬(最北端の碑から駐車場方面)
4

去年撮影した同じ場所(駐車場から最北端の碑方面)
5

強風に煽られつつ日が陰る前にテント設営(15:00)
テントはいつもの山岳テント+鋼鉄ペグ(ソリッドステーク:75g/本)+
ソリッドステークハンマー(650g)
荷物重量過増の一因であるソリッドステーク一式(全部で1.5Kgほど)だが、極限
環境下では何より頼もしい味方となる。電光掲示板によると風速は12~14m程度
少しでも風除けができるトイレ横を宿営スペースとして確保
今回の設営手順(強風時の設営手順)
1.大体の設営位置を決めて、風上側2箇所をペグダウン
2.風下側2箇所もペグダウン
3.ポールをセットして本体を立ち上げる。
  →吊り下げ式だからこそ出来る手順
4.風上側からフライシートを掛けて、バックルで固定
5.本体に2箇所、前室1箇所、張り綱4箇所をペグダウン。
…と、一人で設営完了。備えあれば憂いなしというが、重くてもソリッド
ステーク一式を持ってきて良かった、V字ペグだけだと十分に固定できな
かったと思うぞ(=´∇`=)
6

他に建てた人はペグハンマーを持って来ていなかったり、付属のピンペグだったり
皆で協力して貰って設営したりと苦労していたようだった。備えが無かった
人はこの経験を後に役立てる事ができるだろう、皆最初はそんなもんだな^^
7

ちなみに手助けして貰っていた人のテントの建て方はこんな感じ。
1.トイレ前の風の来ない場所で、テント本体&フライシートまで掛け上げる。
2.何人かでテントを設営場所まで移動
3.ペグダウンして固定
  所要人数テント一張り辺り4~6人

さて、夜になると最北端の碑はライトアップされるので再度バイクを持っていき
撮影した(17:30)
8


腹が減ったので、テント仲間と連れ立って食堂最北端へ(19:00)
最北端ラーメン(1,350円)を注文
味噌ラーメンにホタテ、タコ、つぶ貝、海老、昆布、蟹爪、もやし、メンマと
豪華盛りだくさんの具入り
いかにも観光客向けっぽいメニューだが値段の割りに具が多く、冷えた体を
暖めるのには嬉しい味だった。
9

年明けが近づき周囲が活気付いてきた
カウントダウン花火の打ち上げは強風のために数発で中断
カメラ構えた時には間に合わなかった。

年が明けたら早速年始参り
宗谷岬神社でお神酒と縁起米を頂く。
財布に縁起米を入れておこうとしたら、去年の縁起米がまだ入ってたよ
10

去年も来てた、今年も来ているロシア人歌手兵頭ニーナさんの弾き語り
11


プレハブで配っている甘酒を啜りながら暫し待っていると、いろんな物が
投げられ始めた。カマボコ、餅、飴等々
去年は腹が開く大型トラックで餅つきしていたもんだが、今年は予算が
無いのだろうか…不景気の影響か!?
12


さて、今日はそろそろ寝るかな~

|

« 回顧録)年越し宗谷ツーリング 4日日(2008/12/30) | トップページ | 駐輪場申し込みの季節がやってきた。 »

オートバイ」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

年越しツーリング」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/43943114

この記事へのトラックバック一覧です: 回顧録)年越し宗谷ツーリング 5日日(2008/12/31):

« 回顧録)年越し宗谷ツーリング 4日日(2008/12/30) | トップページ | 駐輪場申し込みの季節がやってきた。 »