« 自転車と酸性雨 | トップページ | 電飾御殿の季節 »

2008年12月11日 (木)

タイヤとクリートの交換

今日は自転車ネタ。
前回のタイヤ(Tourkinist)をRiBMoに交換した時、前輪はまだ
溝があったのに、後輪はスリック状態になっていたのに気づき
次回は適当なタイミング(2,500Km位?)でタイヤのローテーションを
しようと思っていたのに、ついつい3,000Kmも走ってしまった。
冬用の靴に付けていたクリート(SPDシューズ用のビンディング
金具)もヘタっていて、ペダルから足が外れやすくなっていたので
一緒に交換する事に…

タイヤ交換
交換と言っても新品とではなくてローテーションだ。
車だと曲がり方やら操作で左右のタイヤの減りが異なるので
定期的に前後左右を入れ替えるなんて事をやるのだが、
自転車でもやるとは思わなかった。

左が前輪、右が後輪
01

新品のトレッドパターンはコチラ
同時に履き替えたのに、後輪は既に真ん中の溝が無い!?
3,000Km走るとこうなってしまうのかと言う見本だな。
設置面が小さくなったので駆動輪にかかる摩擦力は減った筈だが
よく判らなかった。
これで、あとどれくらい走れるのだろうか。
3,000Km行ければ安いもんだし、定期的な空気圧チェックはしている
ものの、今までパンクひとつ無いので通勤用タイヤとしては優秀な
部類なんじゃないかと思う。


クリート交換
夏用のSPDシューズと違い、冬用は去年の年越し宗谷ツーリングの
ために購入した防寒&悪路走破用で、当然不整地も走ったり歩いたり
する訳で…クリートのネジ穴にもゴミが溜まりやすい(ノ∀`)
クリート交換のためにネジを外そうとしたら…
小石が詰まってそのまま穴の形状に押しつぶされてアーレンキー
(6角レンチ)が入らなくなってしまっていた。

何とかネジ穴を掘り出してクリート交換。

外したクリート(全体に白っぽいのは段差がわかるように補正したため)
02
手前側に写っているのが、つま先側になる部分
左のは交換前で、右が新品
つま先部分が見事に削れて無くなっている。


外したクリート固定ネジ
03
皿ネジの皿の部分が無くなる寸前まで削れてしまっている。
ちょっと使い過ぎだった感じorz
次はここまで酷くなる前に交換するかな

|

« 自転車と酸性雨 | トップページ | 電飾御殿の季節 »

アイテム」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/43375410

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤとクリートの交換:

« 自転車と酸性雨 | トップページ | 電飾御殿の季節 »