« 電飾御殿の季節 | トップページ | 極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人 »

2008年12月13日 (土)

ランドクルーザー

車ネタではないよ。

年越しツーリングのために、モンベルのランドクルーザーシリーズの
ジャケットパンツを購入した。

>>摩耗強度・耐久性を追求した高機能ウエアです。全面にスーパー
>>ハイドロブリーズを採用し、高い防水透湿性を確保しています。
>>中綿には薄綿保温材シンサレート?ウルトラを使用。さらに寒い
>>時期の着用を考慮し、ジッパーで着脱可能なライナーベストにも
>>ジャケットと同素材の中綿を封入、高い保温性と汎用性を実現して
>>います。ライディング時の前傾姿勢を考慮した独自のパターンは、
>>ロングツーリング時にも快適性を保ちます。
>>中略
>>【特徴】ジッパーは全て止水機能を持つアクアテクトジッパーを
>>採用/外せる内襟/背面部分に視認性を高めるリフレクティブ・
>>テープ(スコッチライト)とロゴつき/取り外し可能な中綿入りの
>>ライナーベストつき/ポケット7個(胸ポケット3、ハンドポケット2、
>>背面腰部分に左右両側からアクセスできるスルーポケット1、ライナー
>>ベストに内ポケット1)

1


以下使い勝手レポート

外観
デザイン
地味である(ノ∀`)
モーターサイクル用ジャケットに付き物の肩や背中にあるゴツイパッドが
皆無に等しいが、そもそもコケルような状況にならないのが一番か…
ごついパッドが無い分自転車で着ても、さほど違和感は無いかな。
裾の内側にずりあがらないようにゴム&ボタンがあり、裾も長めなので
前傾姿勢になっても背中がすーすーするような事は無い。

ポケット&ジッパー
ポケットは7つ
・小物が入れられる小さな胸ポケット
・割とでかいものが入る胸ポケットが2
・両サイドの手を入れるハンドポケットが1
・背中に1
・インナーについている内ポケットが1
小さいポケット以外は全て止水ジッパー仕様
この止水ジッパーはモンベルのレインウェア ストームクルーザー
ジャケットに使われているのと同じもので、ストームクルーザー
自体は長い事使っていて防水性能が良いのはわかっているので安心。

着心地
レポートを書いて無いが、12/6~7の伊豆キャンプツーリングに着て
行ったり、自転車通勤で着てみたりと、色々と試しているし、土砂降りの
日にも自転車通勤で使っていたりした上での着心地レポート

オートバイと自転車で同じ条件で試してみた。
条件:以下組み合わせで着て、適当に走ってみる。
・下着は速乾性の機能性シャツ
・綿のドレスシャツ
・ランドクルーザージャケット
・首にはGWのゴアウィンドストッパー


自転車の場合
通勤往路12Kmを走るだけで上半身は汗が出るほどだ。
暑すぎるので前のジッパーを1/3程空けて走っているのだが
会社に着く頃には背中にぐっしょり汗をかく。
雨の日に走ってみたが、袖口からの雨の侵入も無いが
閉め切った状態で、汗が噴出して暑すぎた(ノ∀`)


オートバイの場合
DJEBEL200は直立に近く、GPZ400Rは前傾姿勢
首までぴっちりジッパーを締めていれば、どちらも寒さは殆ど
感じない。自転車と違い汗は殆どかかないので暑いほどでもない。
顔が暑いのはフェイスマスクのせいだな。
ランドクルーザーに覆われていない手足以外は寒くも無く
快適だった。
手はグリップヒーター&ハンドカバーを着ける予定で、足はSORELの
ブーツ
にするから、これらの問題も解消されるだろう。

値段とか
モンベルは値引きしないので、ジャケット34,000円、パンツが
24,000円の計6万円を高いと見るか安いと見るか…だが
この性能で、5年~10年持てば安いのかなあと思った。


まあ、良いジャケット&パンツです。 しっかりメンテナンスをすれば当分買い替えの必要は無いでしょう。

|

« 電飾御殿の季節 | トップページ | 極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人 »

アイテム」カテゴリの記事

オートバイ」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/43395605

この記事へのトラックバック一覧です: ランドクルーザー:

« 電飾御殿の季節 | トップページ | 極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人 »