« 年末の年越し宗谷キャンプツーリングネタ その1 | トップページ | 自転車と酸性雨 »

2008年12月 9日 (火)

年末の年越し宗谷キャンプツーリングネタ その2

今日は服装について書いてみる。
以前も書いたが、冬季のオートバイの服装は重ね着で決める。
・インナーレイヤーは汗がすぐ乾く素材で、体を冷やさないように
・インナー&ミッドレイヤーと合わせて保温
・アウターは風雨を通さない防寒素材で揃える。
欲を言えば、アウターがレインウェアを兼ねていると尚良い


今回の服装…ほぼ決定バージョン

頭:
インナー: ゴアウィンドストッパー フェイスマスク
アウター: SHOEI X11
ロード用ヘルメットだがオフ用メットを買って無いのでコレでいく
内側に曇り止め、外に撥水コートをすれば凍結しても取りやすい

上半身: インナー: ユニクロ ヒートテック9分丈シャツ
ミッド: ユニクロ フリースのセーター
アウター: モンベル ランドクルーザージャケット
防水防寒のライダージャケット

下半身: インナー: 下着&ユニクロ ヒートテックタイツ
ミッド: 検討中
アウター: モンベル ランドクルーザー トラウザーズ
防水防寒のオーバーパンツ

手&足: グローブ: メーカー不明 シンサレート保温グローブ
靴下: ユニクロ ヒートテック ソックス
ブーツ: SOREL カリブー


ユニクロがヒートテックを各種揃えてくれたので、
インナーレイヤーはヒートテック一色になった。
グローブの下(上?)はグリップヒーターがあるから
発汗すれば暖かくなると言う反面で、実地(寒冷地)で
この装備を実際に使用した訳ではないので暑すぎないかが心配だ



以下補足
  1. フェイスマスクは首から口にかけての風の侵入を防ぐ意味で重要
  2. ランドクルーザー上下は、ある意味寒冷地では仕様とも言える装備
  3. 靴はSORELのブリザードかカリブーか最後まで迷ったが現物を両方見て、踝周辺が硬いカリブーに最終決定した。
  4. ヒートテックはユニクロが宣伝しまくっている素材、phenixのアウトラストとかと同じように吸汗した水分を元に発熱するらしい。
    phenixと大きく違うのは値段か…ユニクロだけに安くて助かる。
  5. シンサレートは米国3M社が開発した「より暖かくより薄いと言うコンセプト」の素材
    グローブや、靴(カリブー)のインナー、ランドクルーザージャケットにも使われている。

|

« 年末の年越し宗谷キャンプツーリングネタ その1 | トップページ | 自転車と酸性雨 »

アイテム」カテゴリの記事

オートバイ」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

予定」カテゴリの記事

コメント

オプソンとしてハクキンカイロ推奨。
DeluxeとかGiantなら熱量も強力で、持続時間も十分で
氷点下でも十分実用でっす。
最悪の場合ガソリンでも何とか暖を取れるのが強みw

投稿: しましまねこ | 2008年12月10日 (水) 00:33

>>しましまさん
ハクキンは別装備の項で書こうかと思ってたのさ
とりあえずバイク装備と、荷物ネタでもう一回書くから
その時に~

投稿: 神流(かんな) | 2008年12月10日 (水) 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/43367498

この記事へのトラックバック一覧です: 年末の年越し宗谷キャンプツーリングネタ その2:

« 年末の年越し宗谷キャンプツーリングネタ その1 | トップページ | 自転車と酸性雨 »