« かんだがわ | トップページ | Google mapストリートビュー »

2008年8月 2日 (土)

自転車同士の衝突死亡事故

2008.8.1[金]の朝、環七で自転車同士の衝突による死亡事故が
発生した。

記事のWeb魚拓

加害者の自転車車種は不明だが、現場は丁字路で被害者が青信号で
横断歩道を渡ろうとした時に加害者が赤信号に変わった交差点
(横断歩道)に時速30Km程度で突っ込んできたそうだ。

被害者(58)は跳ね飛ばされて頭を打って死亡。
加害者(18)は殺人者となったわけだ。

何が悪かったのかは言うまでも無く加害者側の信号無視なのだが
さらに問題なのは、自転車による信号無視と言うのが日常茶飯事で
ある事だ。車や原付、オートバイに乗っていて信号無視しない人で
あっても、自転車なら呼吸するが如く自然に信号を無視する人が
とても多い。

自分は以前青梅街道を通勤経路としていた。
その時、青梅街道を約6Kmほど走る間に出会った自転車台数は
歩道を走っているのも合わせて20台程度だった。
時間を10分ずらすとまったく別の20台に遭遇するのだから、
8:00~9:30を10分単位に区切り、概算として10分割x20=200台
以上走っている計算だろうか。

この200台の信号に対する対応はこんな感じ
青梅街道は片側2車線、路肩付きの幹線道路で、これと交差する道路別で

片側2車線以上ある幹線道路との交差点
殆ど全ての自転車は停止するが、停止線で停止する自転車は
皆無に等しく、車の間隙を縫って信号無視する自転車乗りもいる。

片側1車線以下の道路との交差点
車が来ていなければ信号無視する人が多数。
車両停止線で停止する自転車はやはり皆無

丁字路:進行方向左が歩道の場合
ほぼ全員が信号無視する

丁字路:進行方向左が車道の場合
「片側1車線以下の道路との交差点」と同様

知らない人が多いようだが、自転車は軽車両である。
つまり、車や原付、オートバイと同等の交通法規に従う必要がある。
もちろん歩行者も交通法規を守らなければならないが、自転車は
速度による運動量が大きい割りには、信号が正しく守られない
危険性が非常に高い。

当該の事故と同様の事故は青梅街道でも常に発生する危険がある。
やはり警察や報道機関に頑張って貰って、正しい交通ルールの
遵守と厳しい罰則による対応をやっていって欲しいものだ。

なお自分の場合の走行スタイルは、基本的に交通教則通りなので
滅多に危ない目には合わなくて安心(=´∇`=)
・車道左側端を走る
・駐車車両等で右に膨らむ場合は後方確認、ハンドサインで
 後方車両に通知して、膨らむ事
・赤信号は車両停止線できっちり停まる事
・やむを得ず歩道を走る場合は、すぐに停止できる速度(徐行)で
 走る。
・夜間は10m以上先を照らせる前照灯、赤点滅尾灯、側方灯もつけている
・昼間でも点滅灯、赤点滅尾灯をつけるようにしている
これだけやっても安心ができないのが今の日本の交通事情だったりする(ノ∀`)


|

« かんだがわ | トップページ | Google mapストリートビュー »

オートバイ」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/42041936

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車同士の衝突死亡事故:

« かんだがわ | トップページ | Google mapストリートビュー »