« そうだ「上高地」行こう | トップページ | いざ、上高地へ! 初日(釜トンネル出口~河童橋まで) »

2008年4月 5日 (土)

いざ、上高地へ! 初日(出発~釜トンネルまで)

金曜の昼に思い立ち、早帰りしようとするが...
この日は会社の新人歓迎会...忘れてた~よ(ノ∀`)

一滴も酒を入れずに帰宅し速攻で荷物を揃えるが、
出発できたのは、日付が土曜に変わったばかりの1時過ぎの事

途中で仮眠を取りつつ、沢渡駐車場を目指す。
松本電鉄の列車を横目に見つつ沢渡に辿りついたのは朝8時過ぎだった。
1

去年の10月に上高地入りした時は、沢渡大橋の所に駐車したせいで
自転車で余計に登らねばならなかったので、その轍を踏まないように
今回は、上高地に一番近い岩見平駐車場に止める事にした。
冬季は無料駐車場となっているので、適当な場所に駐車して出発準備をした。

この時期、普通の登山者ならばタクシーで釜トンネルまで送ってもらって
そこから歩くのが常道だ。
だが、このブログ...輪っかと旅...例によって輪っかが付いていれば
行けない場所は無い!のコンセプトの元に、去年の10月に続いて
再度の自転車での上高地入りを目指す事にした(*´д`*)

冬用のキャンプ道具一式、カメラ+レンズ2本、三脚、登山靴等を
すべて積んだ場合、自転車本体と合わせて車重は40Kg近い。
念のためスパイクタイヤは持ってきたが、除雪してあったとの情報も
あった事だし、ノーマルタイヤで挑戦するかと出発
...この決断が後々までの遺恨となるのだった。


重さに負けてペダルを踏み切れず、岩見平駐車場から自転車を押し
上げる事、2時間orz
ようやくたどり着いた釜トンネル。
2

この先は11%の勾配が出口まで続くのだ。
100mで11m上がるのが11%の坂
トンネル全長は1.3Kmなので、ここから一気に150m近く上がる事となる。
分かりにくいので、写真で見るとこんな感じ
標識や消火栓は水平の筈だ。
3

気の遠くなるような長くて短い1.3Kmを上がると、出口に除雪用のブル
ドーザーが放置されていた。
5

トンネルを抜けると、そこは雪残る上高地への第一歩だった。
4

…続く…

|

« そうだ「上高地」行こう | トップページ | いざ、上高地へ! 初日(釜トンネル出口~河童橋まで) »

Nikon D300」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/40801787

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、上高地へ! 初日(出発~釜トンネルまで):

« そうだ「上高地」行こう | トップページ | いざ、上高地へ! 初日(釜トンネル出口~河童橋まで) »