« いざ、上高地へ 二日目(明神池付近) | トップページ | 単なるアナウンス »

2008年4月 6日 (日)

いざ、上高地へ 二日目(明神池~帰路へ)

明神池から右岸を通ってみようかと、100mほど進んでみた。
右岸は湿原地帯(木道)と急勾配の遊歩道(階段)がメインだった筈だが
すぐに人の足跡は途絶え、猿の足跡しか無くなってしまった。

雪の無い季節に通った事はあるが、無理する必要は無いのでさっくりと
明神荘へ引き返し、来た道を戻る事にした。

行きの風景を再確認しつつ、小梨平キャンプ場まで戻り、
テントの撤収、荷物を自転車に載せなおし、行きは通り過ぎてきた建物を
撮影しつつ、下界への道を戻る。

バスターミナル
1_7

上高地帝国ホテル
2_7


大正池と上高地帝国ホテルの間の除雪はまだ済んでいなかったので、
一旦自転車から荷物を降ろし、さらに雪道を越え、段々と残雪も減っていった。

自転車を押している時は、数人に抜かされまくっていたが...
土曜の状況からさらに除雪が進んだらしく、路面は乾き、釜トンネルへ
向かう最後の上り坂もクリアした。

ぽっかりと口を開けた釜トンネル!
3_7

行きには押して登った暗い釜トンネルだが、ブレーキをかけつつ
ほんの数分で走り抜けた。
4_7

さあここから沢渡温泉まで5Kmちょい
トンネルで後続車注意しつつ、一気に下った。

自転車をばらし、荷物を車に積み込み、沢渡第一駐車場へ移動。
無料の足湯で30分ほどのんびりしたあと帰宅した。
5_7


今回の旅行費用
高速道路料金:ETCマイレージで払ったので現金出費なし
ガソリン料金:約6,000円
その他食費 :約4,000円
宿泊費   :0円

距離
車での移動距離:約550Km
自転車走行距離:約30Km
徒歩の移動距離:約7Km

おまけ
秋と初春の河童橋比較
6_6

秋と初春の明神橋比較
7_2

秋と初春の途中の道比較
8_3




おまけ

|

« いざ、上高地へ 二日目(明神池付近) | トップページ | 単なるアナウンス »

Nikon D300」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/40805450

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、上高地へ 二日目(明神池~帰路へ):

« いざ、上高地へ 二日目(明神池付近) | トップページ | 単なるアナウンス »