« 青梅街道通勤事情 春編+裏道帰宅経路案内 | トップページ | 「中杉通り自転車道社会実験」実験結果報告 »

2008年4月23日 (水)

2008年度 気になるアウトドア新製品

神流(かんな)である。

先週底なしテント情報の検索をしてみて分かったのだが、あちこちの
アウトドアメーカーで2008年製品がWebラインナップに追加されている
ようだ。

小川キャンパル
ステイシーⅡ…ツーリングテント
いつの間にやらスリーブ式じゃなくて吊り下げ式になっとるねえ。
インナーのみ撤収可能とか、フライシート単体で自立するなんて
結構理想的なテントになっているようだ。
やばい買ってしまいそうだ(ノ∀`)
アーディン売り払うかな...[ヤフオク]..λ..トボトボ....

クローカー2…ツーリングテント
こっちも吊り下げ式なんだね。
真っ黒ってどうなのだろう。
蜂の攻撃色は黒(天敵である熊を連想させるそうだ)なので、蜂の攻撃を
避けるためにウェアは黒を避けたほうが良いとかって聞くけれど、テントの
場合どうなのか気になる所だね。

Snow Peak
ランドブリーズソロWD…ソロ用テント
あれまあ、ランドブリーズソロの難点だった短辺に出入り口がある仕様が
改善されたバージョンか、スカンジウムフレーム仕様で軽くて頑丈に
なっている印象だな。
専用グランドシートからすると、室内は200x95cmって所か。
う~ん微妙に狭い気がする...

ギガパワーLIストーブメタルクラブ…ストーブ
ボンベを逆さに装着する分離型ストーブ?その発想は無かったわ。
出力は2500Kcalだから、うちにあるPrimusのP152より低い。
Primusの現行製品は3500Kcal以上あるが、熱効率が良いのなら2500Kcalでも
充分なのだろうか??
パックサイズはちと大きめに見える。
PrimusのP152のパックサイズが異常に小さいので便利なのだが、実際に見て
見ないとなんとも言えないな。

ヒルバーグ
ソウロ…ソロ用テント
CampStyleって雑誌に載っていた新製品らしいが、本国のサイトにも載って
いないのは何なのだろうか。
基本的にはウナと似たような感じで、フライシートにポールを通して
フライ単体で自立できる感じ
ただし、ソロテントなのでウナよりも小さいらしい。
詳細データが殆ど無いのでわからん。


|

« 青梅街道通勤事情 春編+裏道帰宅経路案内 | トップページ | 「中杉通り自転車道社会実験」実験結果報告 »

アイテム」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/40969089

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年度 気になるアウトドア新製品:

« 青梅街道通勤事情 春編+裏道帰宅経路案内 | トップページ | 「中杉通り自転車道社会実験」実験結果報告 »