« 自転車整備その1...ブレーキシュー交換 | トップページ | 昔々の長距離自転車ツーリング回顧録 »

2008年3月24日 (月)

自転車整備その2...スプロケット洗浄

ブレーキシュー交換&調整に続いて、スプロケットの清掃に挑戦して
見ることにした。

愛車のギア構成では、最小歯を使っていないので一番外側だけ新品同様に
ピカピカ光ってる。
残りは油汚れで真っ黒け
これをピカピカにして注油し直すまでをやってみる。
1


スプロケット外し
スプロケットは自転車用の特殊工具が無いと外れないようになっている。
まずはスプロケットロックイン工具を嵌めて、24mm系のレンチを嵌めてやる。
スプロケットリムーバーでスプロケット本体が回らない様に押さえてやる
スプロケット外し

えいやっと回すと、スプロケットを停めてあるネジが緩む
緩んだネジ

スプロケット構成
順番に並んでないが、左から順に
 スプロケットを止めていたネジ
 2段目の歯
 1段目の歯
 1段目と2段目のスペーサー
 3~9段目のカセット(かしめてあるのでバラせない)
カセットスプロケット

ギア洗浄
おや...こんなところにガソリンが...これで洗うのはやめとこか
火気厳禁

ガソリンは発火しやすくて危険なので洗浄には向かない。
灯油があれば良いのだが、無かったので油落とし洗剤でつけ置き洗いした。

スプロケットを嵌める
ハブにスプロケットを嵌める位置は決まっている。
ハブのスリットの一部だけ幅が広いので、そこに嵌めるだけでいい
スリット

締める時は空転しないので、ロック工具をレンチで回すだけ
ピッカピカ
バラす時とは雲泥の差の輝き具合になった

しっかり洗浄するなら、外してしまったほうが楽でいい。


スプロケットロックイン工具と、スプロケットリムーバーで合わせて3~4000円程度なので
お金にゆとりがあるなら買って損は無い工具だと思う。

|

« 自転車整備その1...ブレーキシュー交換 | トップページ | 昔々の長距離自転車ツーリング回顧録 »

メンテナンス」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67760/40630868

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車整備その2...スプロケット洗浄:

« 自転車整備その1...ブレーキシュー交換 | トップページ | 昔々の長距離自転車ツーリング回顧録 »