« 日々の記録 | トップページ | 気になるイベント »

2008年1月12日 (土)

検索ワード

このブログを始めて3ヶ月
ろくに宣伝もしてないが、Mixiやら検索エンジンからのリンクで少しずつアクセスが増えているようだ。

ココログでは検索情報のログが取得できるのだが、検索回数の多かった単語・イベント等について
改めて補足説明をしておこう。

イベント
年越し宗谷岬
酔狂な人たちに贈る記録
年越し宗谷岬:挑戦したいと思っている人へ
年越し宗谷岬 自転車ツーリング:感想
年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月3日(八日目)
年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月2日(七日目)
年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月1日(六日目)
年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月31日(五日目)
年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月30日(四日目)
年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月29日(三日目)
年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月28日(二日目)
年越し宗谷岬 自転車ツーリング:12月27日(旅行初日)

2chクリスマスツーリング
元々は2chバイク板の住民達がクリスマスパレードをしようと2002年?から始めたもので、マナーを
守って楽しくツーリングをモットーに続いているらしい。
07' クリスマス・ツーリング のまとめ @ 関東


カメラ
NIKON D300
ニコンのデジタル一眼レフカメラ
ニコンの奇数番台の型番は名機といわれるらしい
現にフィルム一眼レフのF、F3、F5、デジカメのD100も名機らしい。
D300と同時期に発売されたD3と合わせて名機なのかもしれんが、正直な話をするならば使い
やすければ名機だろうと悪機だろうとどうでもいい。
個人的にはD300は使いやすい(=´∇`=)
Nikon D300


自転車パーツ
HAKKAPELIITTA-W106
数少ない、700Cサイズの自転車用スパイクタイヤ自転車用
もっともスパイクタイヤ自体が数少ないとも言える(ノ∀`)
雪道走行レポート
乾燥路面走行レポート

TRELOCK LS725
自転車屋のY'sRoadのブログでやたらと押している自転車用ヘッドライト
しかし検索すると殆ど情報が無くて、明るい事は明るいが購入すべきかどうか迷うライト。
人柱っぽく購入してみたが、購入後半年も経たないうちに使い物にならん事が判明
個体差(手持ちのヤツだけ?)なのか、落下による影響かはわからんが、路面の凹凸による振動で
簡単に消灯するようになってしまった。(保証書なくしたので修理もできない)
CATEYEのフラッシングライト等は何度か派手に落としたが、問題なく点灯するのでLS725はスイッチ
まわりの衝撃耐性が低いのかもしれない。


自転車関連
駐輪場ネタ
キーワードは、自転車&新宿&駐輪場、通勤&サザンテラス&駐輪場等
やはり自転車通勤するにあたって安全な置き場所は気になるのだろう。
新宿の場合、駅から多少遠いが「平日07時~19時まで係員常駐で屋根付き、24時間駐輪可能」の
新宿駅西口自転車駐輪場がお勧めできる。
係員が居る時は1日100円、居ない時は無料
新宿区自転車駐輪場リスト

旅行用自転車ネタ
キーワードは、ランドナー、旅行用自転車等
泥除けがついて、泥除けに反射器がついて、ドロップハンドルで不整地でもそこそこ走ってくれて、荷物を
多く載せられる自転車。
昔は普通にあった自転車だが、今は数が少なくなっている。絶滅したわけではない!

 泥除け&反射器&荷物って、ママチャリ?
 ドロップハンドルだとロードじゃねえ?

どこがどう違うの?って疑問だが、ランドナーは長距離を走っても疲れにくく、旅行をするのに適している。
泥除けがついているので雨の日も安心(=´∇`=)
ギア比も長時間走るのに適するように組んである(市販車の場合)

マウンテンバイクの人気で、メーカーのラインナップがマウンテンバイク優勢になり、ロードに人気が出て
さらにロードも優勢に…
そして、ランドナー等のツーリング車を作るメーカーが減ったのではないかと思う。
更にパーツが入手しづらくなったとか言う理由もあるらしい。

うちの愛車は700Cランドナーらしい、700Cタイヤの時点でランドナーじゃないって突っ込みがあるかと
思うが、自転車屋中嶋さんで700Cランドナーとして売って貰ったので700Cランドナーという主張を崩す事はない(=´∇`=)

何となく主張をずらずらと書いてみたが、結局のところランドナーが好きなのだ。
旅行するならランドナー(orキャンピング車)にしよう!


テント
どこのメーカーも工夫してあるので、それぞれに良い点はある。
実際には実物を見て比較すべきなのだろうが、Webでは検索できない(しにくい)情報をあげておく。

ヒルバーグ
ソロテントとして、それなりに人気があるらしいが、情報が殆ど無いヒルバーグ(ノ∀`)
ヒルバーグアクト
…ソロテントとしては良いが、自立しない(ペグダウン必須)のためゲリラテントを張る人にはお勧めできない
  結局実物は見れなかった。

ウナ
…売り文句はこんな感じ
  「理想的な完全自立型一人用テントです。ペグダウンできないような硬い地面でもヒルバーグ
   独自のインナー、フライシートの一体型設計のため即座に設営が可能」
  ぶっちゃけた話をするなら、吊り下げドーム型ならフライシートが別だとしても簡単に設営ができる。
  ウナの場合、フライと本体が一体化しているのが売りだが分割収納できない分、場所を取るので
  パッキングに難があるかもしれない。(パッキングサイズはかなりでかい)
  ちなみに何故かどこのサイトも↓の写真しかないが、フライシートは全面をカバーしている。
  1_2

  エイアンドエフに質問をすれば在庫のある店を紹介してもらえる。
  去年の12月頃には、A&Fカントリー 銀座松坂屋店で実物を見れた。

メスナー
特殊な吊り下げ式(ドライエッケン方式)で耐風性が高い事が売りのシングルウォールテントで、設営
時間も非常に短かった。だが、吊り下げ式ならプロモンテ等もあり、設営のし易さを考えるならドライ
エッケンに拘らなくても良いかと思う。
ちなみにドーム型のポールスリープ式と吊り下げ式を比較した場合は、設営のし易さは吊り下げ式に
軍配が上がると思う(耐久性はわからん)
自転車やバイクの場合、荷物スペースが多いに越したことはないので、シングルウォールではなく
フライがあるダブルウォールをお勧めする。

エスパース
変則ダブルォールというような内張りを採用しているテント
実物を見て、モノ自体は良かったが、重量と使い勝手、値段を考慮するとイマイチだった。

|

« 日々の記録 | トップページ | 気になるイベント »

アイテム」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日々の記録 | トップページ | 気になるイベント »