« 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月1日(六日目) | トップページ | 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月3日(八日目) »

2008年1月 2日 (水)

年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月2日(七日目)

旭川駅前で再び輪行準備
通りすがりのおっさんが「どこに行くのか?」「寒くないのか?」
「雪道はどうするんだ?」等と聞いてくるのに合わせて、収容作業を
続けながら年越し宗谷ツーリングをやった事や、旭川から宗谷まで走った
ツワモノが居た事などを話すと…
おっさんは絶句してた。まあ、普通の反応だな(=´∇`=)
1_3


朝飯はロッテリア…久々にジャンクフード食ったような
2_2

旭川駅でJRのキャンペーンガールのお嬢さんから紅白饅頭を貰う…
これが翌日の朝飯になるとは思わなかったw
3_2

駅には旭山動物園の特別列車が止まっていた。
ほっきょくグマ号
4_2

ライオン号
5_2

チンパンジー号
6_2

ペンギン号
7_2


そして今日も鈍行列車の旅がはじまる。
旭川→滝川→岩見沢と乗り換えて行く。
なんつうか北海道だなや~って景色が流れていく
8_2

9_2

岩見沢からは室蘭本線で苫小牧に向かう。
A_2

B_2

旭川も雪は少なかったが、苫小牧に着く頃には殆ど雪が無くなっていた。
苫小牧駅前の案内図…四ヶ国語併記なのが国際的だなあ
C_2

駅からフェリーターミナルまでどれ位あるか判らないので、早めに移動を開始
どこかで飯を…とも思ったが、ラーメンチェーン店位しか見当たらないので
そのまま、フェリーターミナルへ移動

見事に雪が無いね
D_2

苫小牧と言ったらミートホープ!
E_2


予約してあった苫小牧<>八戸便は24時発だが、フェリーターミナルに着いたのは
16時過ぎだった。
並行した航路の苫小牧<>仙台はネットで調べていた通りに全室満室だったが、
苫小牧<>大洗便のカジュアルルーム(所謂2等船室)には空きがあるとの事!

    む!?

早速計算してみた。
苫小牧<>八戸便
 1便早くして、21:15発だと、八戸に04:45に着く
 06時頃に八戸発の電車に乗って盛岡に行けば、夜には自宅に着く計算
 フェリー代8,500円位+電車代3,000円位+青春18切符の最後の一枚
 フェリーは寝れるとして、電車の乗車時間は12時間orz

苫小牧<>大洗便
 18:45発 14:00着 15,800円
 2時間ほど電車で移動すれば、青春18切符の最後の一枚だけで済む
 その差は4,000円

決定!
八戸便をキャンセルして、大洗便を取りました。

自転車搬入までヒマなので、チェーン店のラーメン屋で遅めの昼食&
G_2

コンビニで買出し、北海道に来たのに北海道らしいものを食べていなかったので
ガラナジュースとザンギを購入(=´∇`=)
F_2

フェリーへの収容は、やはり自転車は最後となる。
先にバイクが一台収容されていたが、どこの船室に居るのかわからんので放置
もし会えれば、長時間の船旅で色々ネタが聞けただろうに残念だ。
H

船室に入ると、同室(2段ベッド8人部屋)のうちの3名程が酒盛り中
酒臭くて迷惑なので、港の風景を見るために甲板に非難
I

J

バカップルの絵文字…この後「帰れ(ハートマーク)」が完成してたw
K


一度船室に戻るが、まだ酒盛り中なので今度は風呂へ
風呂から戻ると酒盛りは終了していたので、ザンギ食って早めの就寝
カジュアルのライトにはコンセントがついていて便利!
L

今日も無事に一日を過ごせました
(*"ー゙)ノシ オヤスミナサイ


本日の移動距離&出費
自転車:約33Km
電車:青春18切符x1
フェリー:15,800円
その他:2,000円くらい

|

« 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月1日(六日目) | トップページ | 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月3日(八日目) »

旅行記」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月1日(六日目) | トップページ | 年越し宗谷岬 自転車ツーリング:1月3日(八日目) »