« 日々の記録 | トップページ | 冬季用テントのチェック(3) »

2007年11月16日 (金)

シュラフの選定

冬季用ツーリング用に厳冬期用シュラフ(寝袋)を購入しようと思い色々と調べている。

秋~冬にかけて使用できるシュラフとして今持っているのは以下の二つだが
モンベルはでかすぎ、イスカは耐寒温度に不安がある。

モンベル
 SSアルパインバロウバッグ#1(-22℃/-9℃~)
 収納寸法 :φ30x48cm 約2400g

イスカ
 Air630(-15℃/?~)ロング
 外寸:79×207cm…ちょっと狭い
 中綿:グースダウン/750FP/630g
 収納寸法:φ18x40 約1080g

そこで、厳冬期に限った使用を目的としたシュラフの調査・選定をする事となった。

テント内では一般的な室内より水蒸気濃度が高くなる。
主な原因は炊事や人間によるものだが、この結露によりシュラフが濡れてしまい
本来の保温性能を発揮できない事が多々ある。
結露対策や汚れ対策としてシュラフはカバーがあるが、厳冬期用の高価なシュラフに
性能の良いシュラフカバーを付けると、値段も重量も重くなるのが難点である

また、比較的一般人に名前が知られているモンベル、イスカ辺りのアウトドア用品の
総合メーカーでは価格が高い。

モンベル
 スーパーストレッチ ダウンハガー#0(-31℃/-16℃~)
 中綿:グースダウン/650FP
 収納寸法:φ21.5X42.6cm  1580g
 34,800円

 U.L.スーパーストレッチ ダウンハガー#0ロング (-31℃/-16℃~)
 中綿:グースダウン/800FP
 収納寸法:φ18.9X37.4cm  1410g
 49,000円

 ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグ
   カバー ワイド&ロング
 15,500円 235g

 ※モンベルは値引きが無いので寝袋+カバーで5万~になってしまう

イスカ
 Air810
 中綿:グースダウン/750FP/810g
 収納寸法:φ20X44cm 1350g
 42,000円

 ウェザ-テック シュラフカバ-
 収納サイズ:φ8×9×25cm 530g
 9,135円
 
 ※イスカも値引き無いので5万~

両方共結構高いね(ノ∀`)

----------------------------

そこで、カバー一体型が良いかと思い辿り着いた結論が以下の寝袋
寝袋専業メーカーのため、総合メーカーのものに比べて安い。
カバー一体型の割には十分な保温力を持って、なおかつ軽い。
取り扱い店によっては2割引もあるので、実際は37,500円程度(+送料)で買える

ナンガ
 ナノバック1000DX(725FP)(-37/-22~)
 生地:30dnナイロンNANO-tex撥水加工
 ダウン量:1000g
 外寸:85×228cm
 収納サイズ:φ19×33cm 1430g
 46,935円

Isukaの630よりダウン量が多くて暖かいのに、収納寸法は小さくカバー一体型って
早速2割引きのショップで注文を入れた37,548円(送料込み)

|

« 日々の記録 | トップページ | 冬季用テントのチェック(3) »

アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日々の記録 | トップページ | 冬季用テントのチェック(3) »